茅ヶ崎版 掲載号:2021年12月17日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市文化資料館 おうちでミュージアム 連載Vol.19

掲載号:2021年12月17日号

  • LINE
  • hatena
そばすくい
そばすくい

12月8日のそばすくい

 そばすくいは、その名のとおり、茹でた麺をすくうためのものです。しかしこのそばすくい、実は一年に一度だけ、魔除けの道具に化けるのです。

 それは12月の8日。この日を、茅ヶ崎のあたりでは「八日ぞう」(ヨーカゾー)と呼んでいました。この日の夜は、「目一つ小僧」という疫病神が村にやってきます。目一つ小僧は、一軒一軒を見回って、戸締りをし忘れていたり、悪いことをしている者を帳面につけます。そして、外に出しっぱなしの履き物にはハンコを押して、次の年に誰を病気にするか決めてしまうと言われていました。

 この目一つ小僧が来ないようにと、家々では、竹でできた目籠を竹竿の先に引っかけて軒先に立てかけたり、そばすくいを玄関の脇の柱にくくりつけたりしていました。

 竹で編んだ目籠やそばすくいには、「メ」と呼ばれるすき間がたくさんあります。目が一つしかない小僧は、目籠やそばすくいにあるたくさんのメに驚いて退散してしまうと言われています。

 八日ぞうは、お正月を迎える前に一家の無病息災を願った行事なのでしょう。軒先にそばすくいや目籠を飾ると、そこから忙しくお正月の準備が始まっていったのです。

茅ヶ崎版のコラム最新6

自閉症者の家族から...

連載「広げよう心のバリアフリー」【6】

自閉症者の家族から...

5月13日号

世界が切り替わる魔法の言葉

連載Vol.3

世界が切り替わる魔法の言葉

5月13日号

腸活ボーイ®

文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

連載 Vol.6

5月13日号

博物館開館ものがたり

茅ヶ崎市文化資料館

博物館開館ものがたり

-連載vol.1-

4月15日号

TAKAKOのfabulous LIFE

人生を味わい尽くす 第5回

TAKAKOのfabulous LIFE

4月15日号

腸活ボーイ®

文教大学 笠岡 誠一 教授

腸活ボーイ®

連載 Vol.5

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook