茅ヶ崎版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

東海岸南在住田中映伍さん アジアユースパラで2冠 3種目で自己ベスト

スポーツ

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
佐藤市長を表敬訪問=18日、茅ヶ崎市役所
佐藤市長を表敬訪問=18日、茅ヶ崎市役所

 市内東海岸南在住の田中映伍(えいご)さん(17・二宮高校2年)が、昨年12月2日から6日まで中東のバーレーンで開催された「アジアユースパラ競技大会」の水泳競技に出場し、金メダル2つ、銅メダル1つを獲得した。1月18日には佐藤光市長を表敬訪問し「2年後のパリパラリンピック出場を目指す」と意気込みを語った。

 同大会はアジアパラリンピック委員会(APC)が18歳以下のパラアスリートを対象に4年に1回開催している。

 大会を機に世界で活躍する選手も多く「パラリンピックへの登竜門」として知られる。今回は31の国から、1500人以上が参加した。

 田中さんは2021年の日本パラ水泳選手権で50mバタフライ2位、100m平泳ぎ3位に入るなど、国内トップ選手として活躍しており、こうした実績から代表に選出された。

 「初めての海外遠征で緊張感もあったけれど、調整が上手くいった」と、今大会では50mバタフライと200m個人メドレーで金メダル、100m平泳ぎで銅メダルを獲得した。

 さらに参加者が少なく競技は成立しなかったが、50m背泳ぎにも出場。50mバタフライを除く3種目で自己ベストという納得の泳ぎだった。

 世界のパラスポーツをリードする中国勢が出場していなかったこともあり「順位はあまり気にしていない」とするが「海外大会で自分の力を出し切れたことは大きな経験になった」と充実した表情を見せる。

「目指すはパリ」

 生まれつき両腕がない障害のある田中さんだが、幼い頃からサッカーやサーフィン、スキーなどさまざまなスポーツを楽しんできた。

 特に泳ぐことは好きで、中学生になってパラ水泳を始めると、めきめきと実力を伸ばした。

 いま最大の目標とするのが、2年後のパリパラリンピック出場だ。その試金石ともなる世界選手権が今年6月、メキシコで開催される予定で、代表選考会が3月に静岡県で行われる。

 普段は高校から帰宅後、市内萩園の屋内温水プールで週3〜4回、週末は横浜の障害者スポーツ施設で練習する。

 特定の指導者がいないなど、環境がいいとは言えないが「息継ぎの際にスピードが落ちてしまうことが課題。飛び込みもキックもまだまだ改善できる」と克服すべき点はしっかり把握している。最近では陸上でのトレーニングも増やし、筋力アップに取り組む。

 18日に表敬訪問を受けた佐藤市長は「コロナ禍でさまざまな制約があるなかだが、チャレンジする姿を見せてくれることは多くの人にとって励みになる。これからも頑張ってほしい」とエールを送った。田中さんは「最終的には世界記録が出せるような選手になりたい」と話している。

昨年11月、日本パラ水泳選手権に出場した際の田中さん=本人提供
昨年11月、日本パラ水泳選手権に出場した際の田中さん=本人提供

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

みどりの愛護功労者に

萩桜会

みどりの愛護功労者に 社会

公園の植樹・美化活動が評価

5月13日号

アロハマーケットが復活

アロハマーケットが復活 社会

14・15日 ステージなど多彩

5月6日号

「補助金返還必要なし」

防犯灯電気料金返還請求訴訟

「補助金返還必要なし」 社会

地裁 自治会の訴え認める

5月6日号

特別支援学級 2校に開設

特別支援学級 2校に開設 教育

柳島小と鶴が台中で

4月29日号

ICカード決済6月開始

コミュニティバスえぼし号

ICカード決済6月開始 社会

当初予定より2カ月遅れ

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook