平塚版 掲載号:2014年12月25日号
  • googleplus
  • LINE

真土神社参道に神獣鏡碑 氏子の平井茂さんが建立

社会

約70人の住民らを前に披露された石碑
約70人の住民らを前に披露された石碑
 真土大塚山古墳から1935年(昭和10年)に出土し、東京国立博物館に所蔵されている「三角縁四神二獣鏡」の存在を知ってもらおうと、真土神社(東真土3丁目)の氏子副総代、平井茂さんが17日、神社参道に「三角縁神獣鏡碑」を建立した。神社の戦後70年記念事業にあわせて石碑を自費で奉納、同日の奉告祭で地域住民らにお披露目した。

 現在の真土大塚山公園の南側にあった古墳は4世紀後半の築造とされ、銅鏡や鉄剣、勾玉など副葬品が出土した。三角縁四神二獣鏡は直径22・1cmで青銅製、鏡の縁の断面が三角で、中国の神仙とされる東王父や西王母など4体の神仙像、蒼龍と白虎の神獣2頭が彫られ、周囲に祈りの吉祥句が刻まれている。

 同じ鋳型の銅鏡は、西日本の古墳などからも出土しており、真土大塚山古墳の被葬者が、大和政権と深い関わりがあったことを示す資料でもある。

 平井さんは「真土は(徳川家康ゆかりの)中原街道が通り、週末には歴史を訪ね歩く人も多い。歴史ある土地であることを紹介できる」と話し、石碑が地域のシンボルになることを期待する。石碑は台座をあわせて高さ2・2mで、どっしりとした構え。黒御影石に神獣鏡の絵柄や説明書きが記されている。

 真土神社宮司の神代春彦さんは奉告祭で「大塚山古墳は神獣鏡を抜きにして語れない。今や(国立博物館所蔵で)目に触れることはないが、建立によって身近に感じることができる。歴史や伝統を子や孫に伝承できるのでは」と挨拶した。

 平井さんは「神獣鏡は真土地区の宝です。発掘されたことを忘れている人もいますから、地域住民の方に広く知ってもらえれば」と話していた。神獣鏡のレプリカは平塚市博物館で常設展示されている。

三角縁四神二獣鏡
三角縁四神二獣鏡

暑中お見舞い申し上げます

奉仕の意志ある女性たちが活躍

国際ソロプチミスト平塚は来年40周年を迎えます。

https://www.townnews.co.jp/0605/2018/07/12/440092.html

レオスイミングスクール

夏の短期水泳教室開催!期間中に入会で受講料キャッシュバック+入会特典あり

http://www.leoswim.com/

平塚市商店街連合会

市内33商店街が団結し、消費活性の中核となって「明日の平塚」を拓いていきます

http://hiratsuka-shoren.com/

湘南スターモール商店街

七夕の街の商店街。毎月第3土曜「まちかどマルシェ」も開催中です。

http://shonan-starmall.com/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク