平塚版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

諏訪神社 創建300年で参道を整備 6月3日に記念式典

文化

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
左から実行委員の嶋崎捷夫さん、小林実行委員長、石黒孝幸さん
左から実行委員の嶋崎捷夫さん、小林実行委員長、石黒孝幸さん

 南原地域に鎮座する「諏訪神社」の300年記念式典が6月3日(日)に神社境内で開催される。主催する同実行委員会(小林好隆実行委員長・74)は、新調した参道をお披露目する。

 建御名方命(たけみなかたのみこと)と天照大皇大神(あまてらすすめおおかみ)、大山咋命(おおやまくいのみこと)を祭った諏訪神社は、歴史書『大野誌』によると1716(享保元)年に村民によって奉祀され創建された。1923年の関東大震災で社殿が全壊し、2年後に復興するも、1945年に太平洋戦争の空襲で再び全焼。戦前の中原小学校の奉安殿(天皇と皇后の写真と教育勅語を納めていた建物)を移築し本殿の再建を図り、1977年に新社殿を改築し、現在に至るという。

 300年記念式典を迎えるにあたり、昨年2月に神社総代と有志など42人で実行委員会を組織。境内にあったご神木の楠木を保全する事業を計画していたが、老樹のため安全性の問題がクリアできず断念。手つかずになっていた参道に新たに石畳を整備、幟旗ポールも新調した。

 小林実行委員長は「大きな節目に巡り合えたことに改めて思いを致し、歴史ある諏訪神社を後世に引き継いでいきたい」と話す。式典は11時から。神代春彦宮司が神事を執り行う。一般参加も自由。

 また実行委員会では9月の例大祭に向け、南原地域の絵地図や旧家に残された歴史資料などをまとめた記念誌の制作を進めている。

平塚版のトップニュース最新6

医療従事者へ感謝の灯

平塚市

医療従事者へ感謝の灯 社会

南口噴水をライトアップ

5月28日号

新「吾妻橋」が開通

県道63号金目川

新「吾妻橋」が開通 社会

右折レーンで渋滞解消へ

5月28日号

ウェブで市民対話

龍城ケ丘プール跡地

ウェブで市民対話 政治

コロナで説明会できず

5月21日号

規格外 無駄なく商品化

JA湘南

規格外 無駄なく商品化 文化

農産品の消費拡大目指す

5月21日号

市内にPCR検査場設置

1日10件、対応可能に

市内にPCR検査場設置 社会

5月14日号

「10万円給付」受付スタート

平塚市

「10万円給付」受付スタート 政治

5月下旬から支給へ

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク