平塚版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

浜大門通り新光会に改称 ランドマーク化で魅力アップ

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
浜大門通り新光会
浜大門通り新光会

 紅谷町の商店会「新光会」がこのほど、江戸時代に親しまれていた通り名を復活させ、「浜大門通り新光会」に改称した。改称後初のイベント「夕暮れ酒場」を7月21日(土)に催し、新名称を周知する。

 浜大門通り新光会は、大門通り以南に位置し、伊藤金物店(紅谷町3丁目)から野村證券平塚支店(紅谷町4丁目)まで約100mに面する。市内で初めて設置された街灯の管理を目的に1900年前後に組織され、現在は22店が加盟する。

 「浜大門通り」は江戸時代、平塚八幡宮から海岸路(現・国道134号)までを結ぶ参拝路の一部として栄えた。しかし1887年に開業した東海道鉄道の建設にともない、浜大門通りは南北に分断された。現在、通りの南側部分は「扇の松の通り」と呼ばれているが、北側部分の名称は明確に決まらずに現在に至っている。

 今回の改称はランドマーク化することが目的だ。商店街で火事や犯罪などが起きた際に、正確に場所を伝えることができる。また商店街をブランド化することで発信力強化を見込む。

 同会の中村彰伸会長(35)は、「由緒ある名前が付いたことを機に、広く市民に親しんでもらいたい」と話している。

 同会では3年前から「夕暮れ酒場」を開催しており、昨年は千人以上の来場を記録した。今年は7月21日(土)午後5時〜8時、通り全面を交通規制して飲食店など約10店が出店。ストリートライブに合わせて新名称をPRする。雨天時は中止、7月28日に順延される。

ひらしん平塚文化芸術ホール

和洋折衷を融合させた竜馬四重奏が平塚初上陸!6月8日18時30分開演

https://hiratsuka.hall-info.jp/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

農業体験で自立支援

NPO法人ぜんしん

農業体験で自立支援 社会

ひきこもり・不登校改善へ

5月12日号

景況指数4期ぶり悪化

平塚信金景気調査

景況指数4期ぶり悪化 経済

小売業況が大幅下落

5月12日号

地域連携で文科大臣賞

太洋中区読書推進協

地域連携で文科大臣賞 文化

市内で10年ぶりの受賞

5月5日号

リトアニアと交流今も

港小学校

リトアニアと交流今も 教育

両国児童 春題材に発表会

5月5日号

梅屋本館 9月に閉館へ

梅屋本館 9月に閉館へ 社会

老朽化に伴い営業断念

4月28日号

2年連続ゼロ達成

平塚市待機児童

2年連続ゼロ達成 教育

保育ニーズへの対応奏功

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook