平塚版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

市内ダンサー中込孝規さん ダボス会議で首脳らと議論 世界で活躍する若者代表として

経済

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
中込さん(提供写真)
中込さん(提供写真)

 高浜台在住で「世界とつながるダンス教室」を主宰する中込孝規さん(30)が、スイス・ダボスで開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議/1月22日〜25日)にグローバル・シェイパーズとして出席し、各国首脳や企業経営者らと社会課題について議論を交わした。

 グローバル・シェイパーズは、世界経済フォーラムが任命する33歳以下のコミュニティー。政治や経済、文化など各界で活躍する若者で構成される。157カ国に7800人、日本では100人が選ばれ、地域の社会課題の解決にむけたプロジェクトに取り組んでいる。

 28日に帰国した中込さんは「『世界をよりよく変えたい』という想いが強まった」と成果を語った。

「新しい視点をもらえた」ダンスで交流深める

 中込孝規さんは埼玉県熊谷市出身。ダンスの楽しさを広げるためにフィリピンやアフリカなど1年半で18カ国・57都市で1万人以上の子供たちにダンスを教え歩いた。2年前に知人の紹介で平塚へ移住し「世界とつながるダンス教室」を開校。昨年の湘南ひらつか七夕まつりでは、アフリカ・ザンビアと中継をつないでダンスを披露し合うなど、国際交流に尽力している。こうした活動が評価され2017年3月にグローバル・シェイパーズに任命され、今回のダボス会議に参加する49人の一人に選ばれた。

 今年のダボス会議は「グローバリゼーション4・0第四次産業革命」がテーマ。110カ国から3000人以上が参加し、安倍晋三首相やドイツのメルケル首相なども出席した。世界経済や環境問題、難民、貧困、人工知能といったテーマで350以上の分科会が開かれ、議論が行われた。

 中込さんは、ダボス会議共同議長で徳島県上勝町の「ごみ排出ゼロ」に取り組む坂野晶さんと共に、コスタリカ共和国のカルロス・アルバラド大統領らと約30分間、持続可能な開発について2対2の意見交換に臨んだ。

 分科会では、中国のIT企業アリババの創業者ジャック・マー会長の言葉に刺激を受けた。「新しい視点をたくさんもらえた。時間をかけて整理して、活動に生かしたい」と振り返る。

 また滞在中はダンスワークショップを開き、「踊り始めたらみんなが笑顔になってくれた。改めてダンスに国境はないと実感した」とほほえむ。

 4月からグローバル・シェイパーズ東京拠点の代表となる中込さん。「自分らしいリーダーシップを発揮して今のダンス教室を、年齢を問わず平塚の人が集まって学び合う『世界とつながる学校、地域の場』にしていきたい」と意気込んでいる。
 

ダンスを披露する中込さん(左/提供写真)
ダンスを披露する中込さん(左/提供写真)
グローバル・シェイパーズと中込さん(右)
グローバル・シェイパーズと中込さん(右)

平塚版のトップニュース最新6

本社機能を平塚に移転

横浜ゴム株式会社

本社機能を平塚に移転 経済

追分の製造所に統合へ

4月15日号

14事業所27人が門出

平塚商工会議所

14事業所27人が門出 経済

合同入社式を初開催

4月15日号

歓迎の花火1800発

東海大学入学式

歓迎の花火1800発 教育

コロナ影響の2年生と合同

4月8日号

(株)川国が準グランプリ

にっぽんの宝物

(株)川国が準グランプリ 経済

「漬けしらす」を全国区に

4月8日号

七夕まつり通常開催中止

七夕まつり通常開催中止 文化

規模縮小し代替案検討へ

4月1日号

関係者ら初の模擬訓練

新型コロナワクチン

関係者ら初の模擬訓練 社会

接種開始は5月上旬以降

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter