平塚版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

4月1日付で平塚市消防本部の第20代消防長に就任した 赤木 眞さん 岡崎在住 58歳

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena

「消防の職人」目指して

 ○…消防長就任に際し、職員に向け「質実剛健 泰然自若」と書面に大きく記し心得を伝えた。「平塚は自然災害が少ない気候の良いまちですが、交通量の多い道路や、工場がたくさんある。事故や災害現場でベストな対応ができるよう、訓練に励み、何事にも動じない心を身に付けることが大切です」と襟を正す。

 ○…城所に生まれた。大手電機メーカーに勤めたが、知り合いの勧めで19歳の時に消防の道へ。消防学校卒業後は平塚市の救助隊で15年現場を経験。その後、消防学校教官として後輩を育成したり、消防署管理担当として火災現場に赴き出火原因を調べたりと、異なる視点から消防を見つめた。「現場では様々な装備の中から何を選び、どう使うのか考えて活動する。熟練した技術と、経験に裏付けられた知識を持つ、消防の職人を目指した」と実直さがにじむ。

 ○…阪神淡路大震災の救助活動では2人の生存者を救出した。1人は20代男性。声掛けに反応があり、潰れた家屋をかき分けた。下肢が見え、足にはエアコンの部品が刺さっていた。地震発生からすでに72時間。「よく頑張ってくれた、という思いでした。救助した男性と母親の再会にも立ち会え、集まった人からは拍手が上がった。要救助者の気持ちを察し、自分の家族だと思って対応する必要性を感じました」。消防士のあるべき姿として「相手を尊重すること」を挙げる。

 ○…テントと寝袋にバイク一つで当てのない旅に出るのが夢だが、今は立場上、自粛中。災害時には非番の職員や消防団員も頼りに、総力を挙げて対応する。「地震発生時は多発災害が考えられます。私たちが駆け付けるまでの間、どうにか自分たちの力で生き抜いてほしい。消防は必ず助けに行きます」と約束する。

平塚版の人物風土記最新6

升水 一義さん

商連かながわの会長に就任した

升水 一義さん

紅谷町在住 78歳

6月27日号

諏訪 日出夫さん

「ひらつか七夕将棋大会」を主催する日本将棋連盟平塚支部の支部長

諏訪 日出夫さん

出縄在住 72歳

6月20日号

片倉 章博さん

第54代平塚市議会議長に就任した

片倉 章博さん

諏訪町在住 56歳

6月13日号

小田 靖さん

神奈川県行政書士会平塚支部長に就任した

小田 靖さん

黒部丘在住 46歳

6月6日号

杢代(もくだい) 新一さん

5月28日から美術館で写真展「富士と雲」を開催する

杢代(もくだい) 新一さん

豊原町在住 80歳

5月30日号

水嶋 祥貴さん

匠の技術に国がお墨付きを与える「グッドスキルマーク」に認定された

水嶋 祥貴さん

万田在住 42歳

5月23日号

鳥山 優子さん

平塚商工会議所女性会の会長に就任した

鳥山 優子さん

(株)ビッグプランナー副代表 63歳

5月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク