平塚版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

2020東京五輪 聖火リレー平塚を通過 ランナーの公募17日から

社会

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
平塚(宮の前・明石町付近)を走る1964年東京五輪の聖火ランナー(市博物館提供)
平塚(宮の前・明石町付近)を走る1964年東京五輪の聖火ランナー(市博物館提供)

 東京2020五輪聖火リレーのルート概要が6月1日、同組織委員会から発表され、聖火が平塚を走ることが分かった。聖火は20年3月にギリシャ・オリンピア市での聖火採火式を経て福島からリレーを開始。約4カ月をかけて本州のほか四国、九州、沖縄をめぐり、平塚を走るのは6月29日を予定している。

 神奈川県の聖火リレーは、20年6月29日〜7月1日に実施される。平塚を通る1日目のルートは、箱根町(箱根駅伝ゴール付近)を出発し、日本遺産に登録された大山を有する伊勢原市、小田原市、大磯町、平塚市、茅ヶ崎市を通り、藤沢市で走者の到着を祝う式典を行う。

 聖火ランナーは同組織委員会による公募で選出される。主な応募条件は▽2008年4月1日以前生まれ▽国籍・性別不問▽走行を希望する各都道府県にゆかりがある人が対象。

 応募は五輪聖火リレーのプレゼンティングパートナーの各都道府県実行委員会(7月1日〜)のほか、「日本コカ・コーラ株式会社」(6月17日〜)「トヨタ自動車株式会社」「日本生命保険相互会社」「日本電信電話株式会社(NTT)」(6月24日〜)の4社から可能。いずれも8月31日締め切り。各応募先に1回ずつ、最大1人5回応募可能。聖火ランナーの決定発表は12月以降に予定。

 1964年の東京五輪開催時の聖火リレーでも平塚はルートに選ばれている。当時は大磯バイパス入口から平塚の古花水バス停前、四ッ角バス停前を通って市民センターなど駅周辺を走り、観衆が詰めかける写真が市博物館に記録されている。

平塚版のトップニュース最新6

学校側の「安全管理不十分」

土屋小児童轢(れき)死事件

学校側の「安全管理不十分」 社会

第三者委が検証報告書提出

10月17日号

「スタイル磨いて前進」

湘南ベルマーレ

「スタイル磨いて前進」 スポーツ

新監督に浮嶋敏氏が就任

10月17日号

「パワハラ認定」で曺監督退任

湘南ベルマーレ

「パワハラ認定」で曺監督退任 スポーツ

クラブ幹部の処分も発表

10月10日号

目指せデフ五輪で世界新

目指せデフ五輪で世界新 スポーツ

難聴のスイマー 茨隆太郎さん

10月3日号

ごみ戸別収集 3地域で実験

平塚市

ごみ戸別収集 3地域で実験 社会

減量効果に期待 全市化も視野

10月3日号

産前・産後ヘルパー派遣へ

平塚市

産前・産後ヘルパー派遣へ 社会

生活負担軽減に向け新設

9月26日号

過去最多の63講座

過去最多の63講座 文化

「平塚まちゼミ」1日から

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

北澤豪さんが魅力を解説

北澤豪さんが魅力を解説

ブラインドサッカー体験

10月22日~10月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク