平塚版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

2020東京五輪 聖火リレー平塚を通過 ランナーの公募17日から

社会

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
平塚(宮の前・明石町付近)を走る1964年東京五輪の聖火ランナー(市博物館提供)
平塚(宮の前・明石町付近)を走る1964年東京五輪の聖火ランナー(市博物館提供)

 東京2020五輪聖火リレーのルート概要が6月1日、同組織委員会から発表され、聖火が平塚を走ることが分かった。聖火は20年3月にギリシャ・オリンピア市での聖火採火式を経て福島からリレーを開始。約4カ月をかけて本州のほか四国、九州、沖縄をめぐり、平塚を走るのは6月29日を予定している。

 神奈川県の聖火リレーは、20年6月29日〜7月1日に実施される。平塚を通る1日目のルートは、箱根町(箱根駅伝ゴール付近)を出発し、日本遺産に登録された大山を有する伊勢原市、小田原市、大磯町、平塚市、茅ヶ崎市を通り、藤沢市で走者の到着を祝う式典を行う。

 聖火ランナーは同組織委員会による公募で選出される。主な応募条件は▽2008年4月1日以前生まれ▽国籍・性別不問▽走行を希望する各都道府県にゆかりがある人が対象。

 応募は五輪聖火リレーのプレゼンティングパートナーの各都道府県実行委員会(7月1日〜)のほか、「日本コカ・コーラ株式会社」(6月17日〜)「トヨタ自動車株式会社」「日本生命保険相互会社」「日本電信電話株式会社(NTT)」(6月24日〜)の4社から可能。いずれも8月31日締め切り。各応募先に1回ずつ、最大1人5回応募可能。聖火ランナーの決定発表は12月以降に予定。

 1964年の東京五輪開催時の聖火リレーでも平塚はルートに選ばれている。当時は大磯バイパス入口から平塚の古花水バス停前、四ッ角バス停前を通って市民センターなど駅周辺を走り、観衆が詰めかける写真が市博物館に記録されている。

平塚版のトップニュース最新6

帆を広げ目指せ五輪

帆を広げ目指せ五輪 スポーツ

大村杏奈さんセーリングW杯出場

7月11日号

初の国際大会で大金星

男子ケイリン松井宏佑選手

初の国際大会で大金星 スポーツ

落合市長を表敬訪問

7月11日号

夏告げる七夕まつり あす開幕

夏告げる七夕まつり あす開幕 文化

155万人の来場者見込む

7月4日号

教育・勤労・青少年3会館統合

教育・勤労・青少年3会館統合 社会

平塚市 方向性まとめる

7月4日号

奈須川さん佐川さんアジアV誓う

神大レスリング部

奈須川さん佐川さんアジアV誓う スポーツ

互いに認めるライバル関係

6月27日号

認知症カフェで笑顔

認知症カフェで笑顔 社会

レストランがスペース提供

6月27日号

「キャンパス継続を要望」

神大移転

「キャンパス継続を要望」 教育

平塚市が議会で言及

6月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク