平塚版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

神大移転 「キャンパス継続を要望」 平塚市が議会で言及

教育

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川大学湘南ひらつかキャンパス2学部の横浜移転について、平塚市の中村俊也企画政策部長は市議会定例会で「何らかの形でキャンパスを継続していただくことを大学に要望している」と述べ、存続を求める考えを示した。14日、坂間正昭市議の総括質問に答えた

 神大の計画では、湘南キャンパスにある経営学部は2021年4月にみなとみらいキャンパス、理学部は23年4月に横浜キャンパスに移転開設させる見通し。学部移転後の湘南キャンパスの利活用は「23年を目途に計画の策定を進める」としている。

 神大移転に伴う地元の不安は少なくない。市も「学生による消費の縮小や(土屋への)路線バス減便による交通利便性の低下などの影響が及ぶと考えられる」と危惧する。

 答弁によると、市は移転問題の庁内対策連絡会を設置、大学の動きを注視し、継続を要望しているという。

大学への働きかけ自治会と連携視野

 議会答弁によると、市は落合克宏市長が神大を直接訪問するなど、湘南キャンパスの継続に向けて要望を伝えているが、大学の具体的な考えはまだ示されていないという。

 ただ市は、神大が19年度事業計画書に「経営学部、理学部移転後の、湘南ひらつかキャンパスの利活用については、様々な角度から調査、研究を始める」と明記したことを重視。企画政策部長は「(大学が検討を始めることを)今後の糸口として進捗を確かめていきたい」と期待感を示した。

 地元土屋地区の自治会も昨年、神大移転に関する対策協議会を立ち上げ、移転後の地域活性化や大学への要望を検討している。企画政策部長は「地元と協議の場を設けると共に、要望が反映されるよう様々な場面で大学側に働きかけていく」と述べ、早ければ7月中にも地元協議会と対話の機会を設け、連携して存続活動を進めたい考えだ。

 湘南キャンパスは現在、経営学部と理学部の2学部のほか、大学院経営学研究科と理学研究科が置かれている。

平塚版のトップニュース最新6

学生目線で団地再生

東海大学

学生目線で団地再生 教育

県住宅供給公社と連携協定

1月23日号

「安全対策」を明文化

教育大綱改訂

「安全対策」を明文化 社会

土屋小れき死事故うけ

1月23日号

「情熱」を胸に前進

湘南ベルマーレ

「情熱」を胸に前進 スポーツ

節目の年に決意表明

1月16日号

江戸の暮らし読み解く

江戸の暮らし読み解く 文化

栁川家古文書 博物館で展示

1月16日号

浮嶋体制 新シーズン始動

ベルマーレ

浮嶋体制 新シーズン始動 スポーツ

12日、新春Showでチーム披露

1月9日号

民間事業者を選定

中央図書館

民間事業者を選定 社会

窓口業務を委託へ

1月9日号

ツインまちびらきへ

ツインまちびらきへ 政治

落合市長 2020年の展望語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク