平塚版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

男子ケイリン松井宏佑選手 初の国際大会で大金星 落合市長を表敬訪問

スポーツ

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
松井選手(右)と落合市長
松井選手(右)と落合市長

 6月に開催された自転車トラック競技の国際大会「モスクワGP2019」で初優勝を飾った男子ケイリンの松井宏佑(こうゆう)選手(26)=市内在住=が7月2日、落合克宏市長を訪れ、東京五輪出場への熱意を語った。

 平塚競輪場をホームバンクとしている松井選手。北海道出身で、専修大学時代まではスピードスケート選手として名を馳せ、世界ジュニア選手権ではパシュートで4位を獲得している。

 鍛え上げた脚力を生かして自転車競技に転向すると「平塚ではほぼ毎日、朝から夕方まできつい練習に励んでいた」という。昨年7月、選手としてデビューしたばかりで、今大会が自身初となる国際大会だった。

 男子ケイリンには各国から強豪選手55人が出場。1周333mのコースを5周し、着順を競い合った。

 落合市長に、初出場での優勝という大金星を報告すると、市長は「これからは『平塚の松井』として、国内外でさらに活躍してほしい」と激励。松井選手は「スケートをしていた頃から五輪出場を夢見ていたので、転向してチャンスが巡ってきたと感じる。東京五輪への出場を狙い、ケイリン発祥の国である日本の選手として優勝したい」と意気込みを語った。

力走で世界を制す 松井宏佑選手

 さらなる活躍の場を求め、スピードスケートから競輪へと転向した松井宏佑選手。「身長は166cmと低いが、太ももは68cmあるガッチリタイプ」と自身を語る。

 25歳でのデビュー以後、これまでの競輪での通算優勝回数はすでに10回。昨年、日本競輪選手養成所を卒業した同期生の中では最も早くS級2班に特別昇級を果たすなど、注目を集めている。

 初の国際大会挑戦となった6月の「モスクワGP2019」では世界の強豪に阻まれ、敗者復活戦へ。ここで一層闘志に火が付き、首位でゴールすると2回戦、準決勝と立て続けに1着を獲得。決勝での最後の1周では、ゴール手前で外から先頭の選手を抜き去り優勝を手にした。

 「まさか自分が勝てるとは思っていなかった」と松井選手。8月14日から名古屋で開催される「オールスター競輪(G1)」への出場も決まっており、今後、さらなる活躍が期待されている。

6月2日、自転車トラック競技の国際大会「モスクワGP2019」で初優勝を果たした松井選手(写真提供:MoreCADENCE)
6月2日、自転車トラック競技の国際大会「モスクワGP2019」で初優勝を果たした松井選手(写真提供:MoreCADENCE)

平塚版のトップニュース最新6

免許の自主返納が急増

免許の自主返納が急増 社会

年間1000件超ペース

7月18日号

踊れるご当地ソング誕生

平塚商議所

踊れるご当地ソング誕生 社会

PV動画は1万5千再生を突破

7月18日号

帆を広げ目指せ五輪

帆を広げ目指せ五輪 スポーツ

大村杏奈さんセーリングW杯出場

7月11日号

夏告げる七夕まつり あす開幕

夏告げる七夕まつり あす開幕 文化

155万人の来場者見込む

7月4日号

教育・勤労・青少年3会館統合

教育・勤労・青少年3会館統合 社会

平塚市 方向性まとめる

7月4日号

認知症カフェで笑顔

認知症カフェで笑顔 社会

レストランがスペース提供

6月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク