平塚版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

「郷の香」シーズン到来 生落花生の出荷始まる

文化

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
たわわに実った生落花生を収穫する森さん(7日撮影)
たわわに実った生落花生を収穫する森さん(7日撮影)

 塩茹でで楽しめる生落花生「郷の香」(さとのか)が収穫シーズンを迎えている。生産者らは、強い日差しが照りつけるなか、収穫と袋詰めなどの作業に大忙しだ。ピークは9月中旬まで続き、JA湘南では約8トンの出荷量を見込んでいる。

 岡崎地区で生落花生を生産する森せつ子さんは、750平方メートルの畑でおよそ1000株を栽培。「青々とした葉が枯れ始めたころが収穫のタイミング」と言い、膝上ほどの背丈に育った茎を引き抜くと、鈴なりのサヤが土中から顔を出した。

 収穫した生落花生は、2度の洗浄の後、乾燥させてからようやく商品として出荷される。サヤの割れや奇形、未熟粒などの選別を含めて大半は手作業で行われており、森さんは「大変だけど、『美味しい』と喜んでもらえるから」と汗を拭っていた。茹でてから冷凍保存しておけば「日持ちが効いておすすめ」という。

 市内の生落花生は米どころの岡崎地区で、水田の転用作物として1980年代ごろにサトイモと交互で栽培されたのが始まり。生産量は県内トップクラスで、昨年度は13人の生産者が約7トンを出荷した。

 JA湘南によると、今年は日照不足で出荷時期が10日ほどずれ込んだが、8月の好天で作柄は良好という。市内生産者の生落花生は、JA湘南大型農産物直売所「あさつゆ広場」(寺田縄)や県内のスーパーで購入できる。

平塚版のローカルニュース最新6

商業高の力で東北6県支援

商業高の力で東北6県支援 教育

横浜駅で16日

11月14日号

市議を刑事告発

平塚市

市議を刑事告発 政治

個人情報保護条例違反の疑いで

11月14日号

ネズミ年は日本の活躍に「チュウ目」

ネズミ年は日本の活躍に「チュウ目」 文化

風物詩の制作佳境

11月14日号

大鹿倫毅君が市長表敬

極真空手

大鹿倫毅君が市長表敬 スポーツ

盟友とさらなる躍進誓う

11月14日号

6連敗もスタイル前面に

ベルマーレ

6連敗もスタイル前面に スポーツ

スタメン5人入れ替え

11月14日号

東海大望星旗で準V

平塚柔道協会

東海大望星旗で準V スポーツ

11月14日号

地サバ「おいしい」

地サバ「おいしい」 教育

保育園でふれあい給食

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク