平塚版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

平塚工科高社会部 ライバル抑えて連覇 ソーラーカーレース優勝

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ平塚工科高社会部メンバー
優勝を喜ぶ平塚工科高社会部メンバー

 平塚工科高校社会部(菅野忠一顧問・仲直也顧問)は、鈴鹿サーキット(三重県)で8月2日から3日にかけて行われたソーラーカーレースのエンジョイクラスI(18歳以下)で優勝し、2連覇を成し遂げた。16人の部員が持ち前のチームワークで一丸となって真夏の鈴鹿を駆け抜けた。

 レースはソーラーパネルとモーター、バッテリーを搭載した車両で全長5・8Kmのコースを走行する。18歳以下のエンジョイクラスIに10チーム、社会人や企業などで構成するエンジョイクラスIIは8チームがエントリーした。

 予選は1周あたりのタイムを競い、第1ドライバーの石井凛さん(3年)が昨年の経験を生かして全体4位のタイムを叩き出し、好位置のスタートポジションを獲得。4時間の周回数で争う決勝レースは、第1コーナーで先頭に立つとそのまま独走状態に持ち込んだ。

 レース終了まで残り4分で、社会人チームに抜かれて総合2位に順位を下げたが、45周を走り抜いて同年代のライバルを抑え、出場クラス中トップでチェッカーフラッグを浴びた。

 部長の長谷川郁磨さん(3年)は、「勝つために部員一人ひとりが奢ることなく頑張った結果」と胸を張り、第2ドライバーの中曽根智也さん(3年)は、「初めてのドライバーで緊張したけど、優勝できてホッとしている」と笑顔を見せた。

 同部はこれまで総合優勝6連覇、クラス優勝は9回を数えるソーラーカーレースの強豪として知られている。強さを支える車両は、ハンドル操作に乏しい高校生が直線のスピードで勝負を挑もうと、空気抵抗を抑えたフォルムを取り入れて2008年に作られた。

 歴代のOBらが残した車両に関する膨大なデータは同部の宝で、生徒らは先輩から受け継いだ記録を元に改良を重ねた。レースにおいてはバッテリー残量を見ながらペース配分やピットインのタイミングなどを考え、作戦を練っている。

 菅野顧問は「事前の整備から万全の状態でレースに臨もうと、全員で前向きに取り組み頼もしかった」と部員らを称え、「総合優勝を逃したのは相手の作戦が一枚上だった」とレースを振り返った。

平塚版のトップニュース最新6

64歳1カ月で最高齢勝利

平塚競輪場三ツ井選手

64歳1カ月で最高齢勝利 スポーツ

鋭く差し切り351勝目

12月12日号

勝利で「残留」つかめ

ベルマーレ

勝利で「残留」つかめ スポーツ

14日、J1参入プレーオフ

12月12日号

最終戦「必勝」誓う

湘南ベルマーレ

最終戦「必勝」誓う スポーツ

11試合ぶり白星で残留に望み

12月5日号

共同調理場 田村に整備

共同調理場 田村に整備 教育

中学校給食へ22年度着工めざす

12月5日号

相模小 工事契約へ

平塚市

相模小 工事契約へ 政治

一般会計12月補正は約4億円

11月28日号

J1残留へ「大一番」

湘南ベルマーレ

J1残留へ「大一番」 スポーツ

30日、ホーム最終戦

11月28日号

七夕太鼓、リトアニアに響く

七夕太鼓、リトアニアに響く 文化

保存会が訪問、喝采浴びる

11月21日号

残暑お見舞い申し上げます

かもめ整骨院 真土 開院

地域密着宣言。責任を持って診させていただきます。平日は夜9時まで。

https://www.kamome-seikotsuin.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク