平塚版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

土砂災害 レッドゾーン94区域追加 市、ハザードマップ改訂

社会

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
改訂版のマップを手にする市災害対策課職員
改訂版のマップを手にする市災害対策課職員

 平塚市は土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)や避難行動記入欄などを追加した改定版の「土砂災害ハザードマップ」を作成した。5年ぶりの改訂で、3月20日発行の広報紙と同時に市内全戸に配布した。

 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)は「建築物に損壊が生じ、生命に著しい危害が生じる恐れがある」とされる場所のこと。土砂災害防止法(2001年施行)に基づき、神奈川県が各市町村の土砂災害警戒区域(イエローゾーン)等を調査し、指定している。

 平塚市内の調査は17年夏から18年春ごろまで行われ、区域指定されたのは今年1月24日。イエロー94区域全てがレッド指定となり、斜面数では警戒区域407のうち374がレッド指定となった。レッド指定された区域の建築行為には構造の規制があり、特定の開発行為は県知事の許可が必要となる。

 平塚市では県の警戒区域見直しを受け、ハザードマップを改訂。イエローとレッドの警戒区域を示している。

「安全に役立てて」

 災害時の行動を時系列で整理するための「マイ・タイムライン」記入欄も盛り込んだ。市災害対策課の職員は「ハザードマップは持っているだけでは機能しない。避難場所へのルート確認や地域の災害リスクを知っていただき、安全に役立ててほしい」と話す。

 そのほか、避難勧告等のガイドライン改訂に伴い5段階の警戒レベルを紹介。災害情報の入手先も紹介している。

 土砂災害ハザードマップの改訂版はB1判両面4色カラー、20日発行の市広報と同時に市内全戸約14万部を配布した。また、英語、ポルトガル語など5カ国語に対応している多言語版のマップも1万部用意した。

 平塚市では今回改訂した土砂災害ハザードマップのほか、洪水、内水、地震・津波の3つのハザードマップがある。

平塚版のトップニュース最新6

医療従事者へ感謝の灯

平塚市

医療従事者へ感謝の灯 社会

南口噴水をライトアップ

5月28日号

新「吾妻橋」が開通

県道63号金目川

新「吾妻橋」が開通 社会

右折レーンで渋滞解消へ

5月28日号

ウェブで市民対話

龍城ケ丘プール跡地

ウェブで市民対話 政治

コロナで説明会できず

5月21日号

規格外 無駄なく商品化

JA湘南

規格外 無駄なく商品化 文化

農産品の消費拡大目指す

5月21日号

市内にPCR検査場設置

1日10件、対応可能に

市内にPCR検査場設置 社会

5月14日号

「10万円給付」受付スタート

平塚市

「10万円給付」受付スタート 政治

5月下旬から支給へ

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク