神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2021年1月14日 エリアトップへ

市内在住夫婦ユニット 人気合唱曲の生みの親 5年ぶりアルバム発売

文化

公開:2021年1月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
ニューアルバムを持つアクアマリンの2人
ニューアルバムを持つアクアマリンの2人

 全国の学校で歌われている合唱の定番曲『COSMOS』や『地球聖歌〜笑顔のために〜』を作詞作曲した「アクアマリン」は、平塚市在住の夫婦ユニットだ。平塚市出身で夫人の「Sachiko」こと三橋幸子さんと、茅ヶ崎市出身の「ミマス」こと三橋裕之さんの2人で活動。主に裕之さんが作詞作曲をしている。

 2人は1998年、平塚市で行われたバンドコンテストをきっかけに結成。三橋さんが同年に『COSMOS』を作詞作曲した。音楽イベントで歌った際に聴衆にいた音楽教員が楽曲に惚れ込み、出版社にデモテープを送付。作曲家が合唱用に編曲し、00年に音楽の月刊誌に掲載された。

 『COSMOS』は宇宙という意味で、人間と星の儚さや歴史が歌詞につづられている。裕之さんは「少しずつ広がり僕の人生を変えた。あんな歌詞あったなと大人になって思い出して頂けたら歌ってもらった意味がある」と話す。

 その後、08年には平和への祈りを歌った『地球星歌〜笑顔のために〜』を発表。初めて歌ったのは同年の湘南ひらつか七夕まつりのステージだといい、徐々に合唱曲としても広まっていった。他には市内を流れる鈴川を歌った『鳥の歌』や、日向岡の風景を歌った「『暮れてゆく街』といった曲がある。

 幸子さんは「曲の意味や歌詞のイメージを知ると深みが増す。素直に感じたままに歌って」と話した。同ユニットは昨年11月に5年ぶりのアルバム『宇宙の森』をリリース。「宇宙や世界へイマジネーションの旅に出かけて」としている。

買い物ついでにぜひお立ち寄りください

記念硬貨・金貨・銀貨、古銭など高価査定中!

https://kaitorikinfuji.com/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

Jr大会の参加者募集

平塚市テニス協会

Jr大会の参加者募集

桃浜町で7月30日から

5月18日

匠建設が60万円寄付

匠建設が60万円寄付

能登半島地震支援で

5月17日

新カピバラ「ガンモ」公開

平塚市総合公園

新カピバラ「ガンモ」公開

カッピー「後任」新居で悠々

5月16日

登山家の父 生誕150年偲ぶ

中央図書館

登山家の父 生誕150年偲ぶ

岡野金次郎展 30日まで

5月16日

5月20日に臨時会

平塚市議会

5月20日に臨時会

補正予算など審議

5月16日

柴・丸山ペアが準V

柴・丸山ペアが準V

ビーチバレー平塚大会

5月16日

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook