平塚版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

平塚市 5年ぶりに待機児童ゼロ 保留児童は245人

教育

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

 平塚市は4月13日、4月1日現在の保育所等の待機児童数がゼロになったと発表した。2015年、16年とゼロだったが、働く女性の増加や4歳以下の転入超過が続いたことなどから、17年以降は毎年待機児童が発生していた。

 待機児童数は、17年が32人、18年が34人、19年が22人、20年が15人と推移。これらの状況を受け市では、18年5月から「子育てするなら平塚市で」をキャッチフレーズに待機児童ゼロに向け取り組んできた。

3年で定員76人増

 特に待機が多い低年齢児(0〜2歳児)の受け皿となる小規模保育事業施設を19年4月に2施設(定員38人増)、20年4月に1施設(同19人増)、21年4月にも1施設(同19人増)開設。計76人の定員増を図った。

 また保育士確保の施策として、17年度から市外在住の保育士が市内に引っ越して市内の保育所へ勤務した場合に(5年従事で全額免除)、最大100万円の貸付を行う「保育所等保育士就職促進貸付金事業」などを実施。19年までの3年間で8人が同制度を利用、20年度は12月時点で11人の申込みがあったという。

保留児童は横ばい

 一方で、希望の保育所などに入所できず保留となった児童は245人で、昨年の249人とほぼ横ばいだった。

 保留児童245人のうち特定の園を希望する人が約90人で最も多く、その他、育児休業の延長を希望する人や求職中の人など。また、17年に0〜4歳児の転入超過が241人と県内1位を記録し、20年度も159人(1月1日時点)と増加しているという。これらの状況を踏まえ、来年度にも小規模保育施設を1施設と、既存施設の定員を増やす予定だ。同課では「待機児童ゼロを継続していければ」と話す。

 落合克宏市長は「保育の質と量の両面を重視しながら、待機児童数ゼロを5年ぶりに達成できた。引き続き、子育て支援施策を充実させ、さらに子育て世代から選ばれるまちを目指す」とコメントした。
 

平塚版のトップニュース最新6

海水浴場開設へ前向き

ひらつかビーチパーク

海水浴場開設へ前向き 社会

7月下旬を目途

5月13日号

小林姉弟そろってV

県アマゴルフ

小林姉弟そろってV スポーツ

ふじみ野在住 「夢はプロ」

5月13日号

6月の通常開催は中止

よさこい祭り

6月の通常開催は中止 文化

年内に代替企画目指す

5月7日号

電子図書館、7月開設へ

平塚市

電子図書館、7月開設へ 文化

非接触型サービスを拡充

5月7日号

コロナ苦境の力に

カレンカップ

コロナ苦境の力に 社会

2年ぶり 愛娘偲ぶ大会

4月29日号

「スターライト」に新機能

平塚市独自電子決済

「スターライト」に新機能 経済

地域通貨化見越し運用

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新 文化

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter