平塚版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

県アマゴルフ 小林姉弟そろってV ふじみ野在住 「夢はプロ」

スポーツ

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
メダルをかける龍竺さん(左)と照菜さん
メダルをかける龍竺さん(左)と照菜さん

 県アマチュアゴルフ選手権(主催/県ゴルフ協会)ジュニアの部が5日、大磯町のレイクウッドゴルフクラブ・西コースで行われ、ふじみ野在住の小林照菜(あきな)さん(15)と龍竺(りゅうじ)さん(14)の姉弟がそろって優勝した。

 試合は、18ホールの合計打数で争うストロークプレーで行われた。照菜さんは15〜17歳女子の部(22人)で、トータル71をマークし優勝。龍竺さんは12〜14歳男子の部(28人)で2位に2打差となる75でまわり、見事姉弟アベック優勝を成し遂げた。

 「前半1オーバーだったが、練習ラウンドでは後半を35でまわれていたので、(72でホールアウトする)パープレーを心がけた」と試合を振り返った照菜さん。「パターとアプローチが勝因。やはりパットが良いとスコアがまとまります」と初優勝を喜んだ。

 2018年以来の優勝トロフィーを手にした龍竺さんは、「当日は風が強くアイアンを振る中でバンカーに悩まされた」と難しいゲーム展開を振り返った。勝因には姉と同じくアプローチとパッティングを挙げ、後半にはグリーンへのアプローチショットがそのままカップに入るチップインも。「ベストスコアではないが、スコアをうまくまとめられた点が良かった」と喜んだ。

 憧れの選手は

 照菜さんは、女子ゴルフ黄金世代の一人である稲見萌寧プロを輩出した日本ウェルネス高校の1年生。週4日は茨城県内のゴルフ場で寝泊まりする「半寮生活」で腕を磨いている。将来はプロを目指しており、「稲見先輩のような強い選手になりたい」と前を向いた。

 龍竺さんは大住中学校に通いながら、週5日の練習を続け、土日には静岡県内でラウンドを重ねている。4月に米国で行われたマスターズを日本人として初めて制覇した松山英樹プロを引き合いに「自分もあのようにカッコいい選手になりたい」と目標を語った。
 

平塚版のトップニュース最新6

生理用品を無償配布

農商高校

生理用品を無償配布 教育

県モデル事業で

6月17日号

市が3施策で接種加速

新型コロナワクチン

市が3施策で接種加速 社会

7月の高齢者完了に道筋

6月17日号

市内で進む「スマート農業」

市内で進む「スマート農業」 経済

県内初導入の技術続々

6月10日号

夢のホームコート完成

地元バスケチーム

夢のホームコート完成 スポーツ

市内岡崎に新拠点

6月10日号

集団接種を毎日実施へ

新型コロナワクチン

集団接種を毎日実施へ 社会

平日の市役所で調整

6月3日号

ラグビー部をクラブ化

平塚工科高

ラグビー部をクラブ化 スポーツ

全国初 外部生も加入可に

6月3日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新 文化

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter