平塚版 掲載号:2022年8月4日号 エリアトップへ

平塚市民病院 手術支援ロボ 10月稼働へ 国産機導入は県内初

社会

掲載号:2022年8月4日号

  • LINE
  • hatena
手術支援ロボット「ヒノトリ」(市民病院提供)
手術支援ロボット「ヒノトリ」(市民病院提供)

 平塚市民病院は7月27日の記者会見で、前立腺がんなどの手術に使用される国産初の支援ロボット「hinotori」を県内で初めて導入すると発表した。6月に納入が完了し、10月中旬に最初の手術を予定している。

 ヒノトリを使った手術では、患者の体に開けた穴からアームの先端部を入れ、術者は離れたコックピットから遠隔操作を行う。従来の腹腔鏡下手術より安全で精密な操作が可能になり、傷口も小さいため患者の負担軽減が期待される。

 導入費用は約1億7千万円で、アメリカ製の類似機器「ダビンチ」の6割程度。主に前立腺がんやぼうこうがんなどの泌尿器科領域の手術に用いられ、今後は婦人科や消化器科にも適用される見込みだ。

 支援ロボは県内で25施設、相模川以西では東海大学医学部付属病院に一台あるのみで、市民病院ではこれまで患者を市外の医療機関に紹介してきた。今回の導入で年間50件ほどの症例の治療が市内で完結するという。

 会見に臨んだ石原淳病院事業管理者は「術後のフォローも含め、がん患者やその家族にとって自宅近くで治療が完結することは安心にもつながる」と話した。

平塚版のトップニュース最新6

灯ろう浮かべ、平和希求

灯ろう浮かべ、平和希求 社会

総合公園で市民イベント

8月11日号

金目小の道越さん全国へ

バドミントン女子

金目小の道越さん全国へ スポーツ

初舞台に向け意気込み

8月11日号

手術支援ロボ 10月稼働へ

平塚市民病院

手術支援ロボ 10月稼働へ 社会

国産機導入は県内初

8月4日号

子どもの宿題お助け

市地区図書館

子どもの宿題お助け 教育

夏休み期間中、月曜開館

8月4日号

囲碁の高校全国大会へ

横内在住尾島さん

囲碁の高校全国大会へ 教育

平常心で「ベスト16目指す」

7月28日号

聞かせて子育てママの声

母親グループ

聞かせて子育てママの声 教育

1000人目指しアンケート

7月28日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook