神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2024年2月29日 エリアトップへ

平塚市 総合計画を策定 人口減少の抑制に力

社会

公開:2024年2月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

 平塚市はこのほど、市政運営の指針となる総合計画を策定した。2024年度から8年間を計画期間とし、人口減少社会への対応を中心とした取り組みを推進。計画初年度となる24年度当初予算案には、関連事業費として256億6280万円を盛り込んだ。

 新たな総合計画では、【1】子どもを育む環境づくり【2】活気あふれる産業づくり【3】高齢者の想いに寄り添う環境づくり【4】安心・安全で快適なまちづくりを重点戦略に据え、5分野・27項目の分野別施策をもとに計画を推進。施策ごとに具体的な取り組み内容を掲げ、中間年の27年度と最終年の31年度における数値目標の達成に取り組む。

結婚から出産まで切れ目ない支援を

 本格的な人口減少社会に突入する中、市は2070年の総人口が約17万7千人まで減少すると推計。総合計画で掲げる施策を進めることで、減少数を18万9千人まで抑制することを目指すとしている。

 中でも少子化の加速を食い止めるため、子育て支援の枠組みとして16年に策定した「こども政策フレーム」を見直す。

 「安心して子育てができる環境をつくる」「子どもの発達を継続的に支援する」「子どもの貧困の連鎖を断つ」という従来の柱に加え、「希望する結婚・妊娠・出産がかない、子育てにゆとりが持てる」を追加。特定不妊治療費の助成や父親の育休に対する応援金、奨学金の返済支援などを通し、結婚から出産、子育てまで切れ目のない支援に取り組むとしている。

 総合計画は今後8年間のまちづくりの指針となるもので、市政運営における最上位計画。24年度当初予算は計画の推進を意識した予算編成とし、計画に関連した総事業費は256億6280万円となった。

 計画は市ホームページのほか、市役所や市内公民館と図書館、市民活動センターなどに冊子が配架されている。

平塚版のトップニュース最新6

冷凍食品を子ども食堂へ

フリーデン

冷凍食品を子ども食堂へ

県、フードバンクと3者連携

4月18日

岡崎の歴史 カルタで伝承

岡崎の歴史 カルタで伝承

住民有志が制作

4月18日

八幡交番、来年3月で廃止

平塚署

八幡交番、来年3月で廃止

四之宮と統合へ

4月11日

市内3カ所目の設置

平塚中央ライスセンター

市内3カ所目の設置

金田・岡崎・旭エリア請け負う

4月11日

低出生体重児の啓発に光

リトルベビーサークルpena

低出生体重児の啓発に光

県ボランタリー奨励賞

4月4日

可燃ごみ 収集時間を通知

平塚市

可燃ごみ 収集時間を通知

アプリ「さんあ〜る」と連携

4月4日

馬肉専門販売店

1500円以上お買い上げの方、「タウン見た」でユッケプレゼント

https://rarea.events/event/112428

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook