神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

中秋蒲鉾店 七夕揚げで平塚アピール 地場産の小松菜を使用

社会

公開:2024年6月20日

  • X
  • LINE
  • hatena
七夕揚げを手に笑顔の中村社長
七夕揚げを手に笑顔の中村社長

 平塚駅北口の老舗蒲鉾店「中秋蒲鉾店」(紅谷町)と神奈川県水産技術センター(三浦市)、JA湘南あさつゆ広場(寺田縄)が連携し、平塚特産の小松菜を使った揚げ蒲鉾を開発した。「湘南七夕揚げ」と命名し、7月5日(金)から始まる「湘南ひらつか七夕まつり」で販売される。

 七夕まつり向けの新名物を考えていた平塚市から依頼を受けた県水産技術センターが、2021年ごろから地場産農産物と水産物を組み合わせた製品開発を進めてきた。

 開発には、創業100年を超える老舗蒲鉾店の「中秋蒲鉾店」が協力。同店の中村彰伸社長が苦労したという具材選びでは、通年収穫でき、「かながわブランド」にも登録されている「しょうなん小松菜」を採用した。すり身には三崎のカジキを使い、食べ歩きにも向く揚げ蒲鉾を開発した。

浅漬けで風味際立つ

 小松菜は水分が多いだけでなく、そのまま練り込むと味がすり身に負けてしまうという課題もあった。「見た目も味も小松菜と分かるようにしたかった」という中村社長が思いついたのは、小松菜を浅漬けにしてから練り込む方法。試行錯誤の末、すり身と小松菜両方の旨味が楽しめる力作が完成した。

 湘南七夕揚げというネーミングに合わせ、商品の形は短冊や七夕飾りなどモチーフにした3種類を考案。短冊が風にたなびく様子も表現されている。中村社長は「七夕文化をきっかけに、多くの人たちに平塚の魅力をアピールできれば。ぜひ一度食べてみて」と呼びかけた。

 七夕揚げは七夕まつりを皮切りに同店で購入できるほか、7月からJA湘南あさつゆ広場でも販売予定という。

 問い合わせは中秋蒲鉾店【電話】0463・21・0122。

平塚・大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

保護者学ぶ「おうち性教育」

二宮町立二宮小学校

保護者学ぶ「おうち性教育」

PTAら主催で初開催

7月12日

石井・長谷川ペアがパリ五輪

ビーチバレー女子

石井・長谷川ペアがパリ五輪

メダル獲得目指す

7月12日

鶴岡八幡宮に賽銭箱奉納

相模石油

鶴岡八幡宮に賽銭箱奉納

土屋の富久建設が初制作

7月5日

地元大磯で激励会

大相撲湘南乃海

地元大磯で激励会

七月場所は前頭五枚目

7月5日

国際コンテストで金賞

ファームビレッジ湘南

国際コンテストで金賞

地場産オリーブオイルで

6月27日

史上初の関東制覇へ

平塚リトルシニア

史上初の関東制覇へ

18年ぶり全国の切符も掴む

6月27日

平塚市ラグビーフットボール協会

競技の普及と青少年の育成に努めています。

http://rugby-hiratsuka.jp/

Needs Golf

7月新規入会キャンペーン実施中!

https://needs-golf.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 計画の見直し求める

    湘南海岸公園龍城ケ丘ゾーン 6月定例会議会報告

    計画の見直し求める

    市議会議員 渡部(わたなべ) りょう

    7月5日

あっとほーむデスク

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

平塚・大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚・大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook