大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

こつこつ熟成 駅前の顔に 県優良小売店舗 パンの蔵(大磯)

経済

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を手にする秀晴さんと友子さん
表彰状を手にする秀晴さんと友子さん

 サービスや味、技に秀でた小売業、飲食店などを表彰する県の優良小売店舗表彰で、大磯町の「パンの蔵」が神奈川県知事・神奈川県商工会連合会会長表彰を受賞した。

 加藤秀晴さん(65)が40歳で脱サラし、国道1号線沿いの古商家を借りて1995年に開店。07年にJR大磯駅前の現店舗に移転した。「流行にとらわれないパン作り」をモットーに、中央農業高校(海老名市)の生徒が栽培する小麦「ユメシホウ」にこだわった素朴な味わいの天然酵母パンなどを販売している。

 名物は、妻友子さんの実家である和菓子屋「友月堂」(高麗)の餡を使用したあんぱん。町内で取れたみかんの風味が爽やかな「みかんブレッド」や、井上蒲鉾店(大磯)のさつま揚げを刻んで入れた「イノウエ」など、地元事業者の協力で商品化したパンも人気だ。

 店名は、移転前の店舗にあった「蔵」の持つ熟成というイメージが、パン作りにも通じると考えた秀晴さんが考案した。「小さな店は入れ替わりも激しいが、パンを食べた人のおいしいという声を励みに20年以上商売を続けることができた」と秀晴さん。

 パンが嫌いだったという息子が、2年前から都内のパン屋で修業を始めた。加藤さん夫婦は「一代で終わればいいと思っていたから驚いた」と口を揃えるが、表情はにこやか。親子二代で店に立つ日を待ちわびながら、駅前の顔として熟成の人情パンを焼き続ける。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

新島襄命日 各自で偲んで

新島襄命日 各自で偲んで 社会

終焉の地碑前祭 今年は中止

1月22日号

インフル報告数が激減

インフル報告数が激減 社会

コロナ感染予防が影響

1月22日号

まちかど事件簿

エコバッグ 大磯PRにも

エコバッグ 大磯PRにも 経済

 町観光協会が芸術家と製作 

1月22日号

スギ「並」・ヒノキ「少」

スギ「並」・ヒノキ「少」 社会

県の花粉飛散量予測

1月22日号

6党県代表が年頭所感

6党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の施策語る

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク