大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

こつこつ熟成 駅前の顔に 県優良小売店舗 パンの蔵(大磯)

経済

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を手にする秀晴さんと友子さん
表彰状を手にする秀晴さんと友子さん

 サービスや味、技に秀でた小売業、飲食店などを表彰する県の優良小売店舗表彰で、大磯町の「パンの蔵」が神奈川県知事・神奈川県商工会連合会会長表彰を受賞した。

 加藤秀晴さん(65)が40歳で脱サラし、国道1号線沿いの古商家を借りて1995年に開店。07年にJR大磯駅前の現店舗に移転した。「流行にとらわれないパン作り」をモットーに、中央農業高校(海老名市)の生徒が栽培する小麦「ユメシホウ」にこだわった素朴な味わいの天然酵母パンなどを販売している。

 名物は、妻友子さんの実家である和菓子屋「友月堂」(高麗)の餡を使用したあんぱん。町内で取れたみかんの風味が爽やかな「みかんブレッド」や、井上蒲鉾店(大磯)のさつま揚げを刻んで入れた「イノウエ」など、地元事業者の協力で商品化したパンも人気だ。

 店名は、移転前の店舗にあった「蔵」の持つ熟成というイメージが、パン作りにも通じると考えた秀晴さんが考案した。「小さな店は入れ替わりも激しいが、パンを食べた人のおいしいという声を励みに20年以上商売を続けることができた」と秀晴さん。

 パンが嫌いだったという息子が、2年前から都内のパン屋で修業を始めた。加藤さん夫婦は「一代で終わればいいと思っていたから驚いた」と口を揃えるが、表情はにこやか。親子二代で店に立つ日を待ちわびながら、駅前の顔として熟成の人情パンを焼き続ける。

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

大磯出身 日守錬(にっかれん)さんが特選

大磯出身 日守錬(にっかれん)さんが特選 文化

神奈川県美術展 書の部

10月11日号

図書館で平和な「戦い」

図書館で平和な「戦い」 文化

大磯 初のビブリオバトル

10月11日号

小中学生がリレー展示

小中学生がリレー展示 文化

二宮 ふたみ記念館

10月11日号

町民がアリア大合唱

町民がアリア大合唱 文化

二宮こども音楽祭盛況

10月11日号

18年度決算を不認定

18年度決算を不認定 政治

大磯町議会 第3回定例会

10月11日号

「定期的に受診を」

「定期的に受診を」 社会

平塚歯科医師会の検診に60人

10月11日号

「ファイア」リニューアル

キリン缶コーヒー

「ファイア」リニューアル 経済

火をテーマに20周年

10月11日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「令和」生まれの中井育ち

「令和」生まれの中井育ち

稲実る田んぼアート見ごろ

11月9日~11月9日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク