大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年6月1日号
  • LINE
  • hatena

U-15サッカー 国超えた友情 湘南で ワンネーションカップが閉幕

スポーツ

8カ国の選手がサッカーを通じて交流した =5月26日・大磯北浜海岸
8カ国の選手がサッカーを通じて交流した =5月26日・大磯北浜海岸
 15歳以下の男女が参加する国際的なサッカー大会「ワンネーションカップ2018」の閉会式が、5月26日に大磯北浜海岸で行われた。大会には8カ国が参加。日本代表として出場した湘南選抜チームは女子が準優勝、男子が5位の成績を収めた。

 2006年にドイツで始まった同大会は、試合の勝敗だけでなく、若者の国際交流やグローバルな視野を持った人間形成などを目的に開かれている。初のアジア開催となった今大会は5月21日から26日まで平塚、茅ヶ崎、大磯を会場に試合が行われた。決勝は男女共にPK戦までもつれこむ熱戦が繰り広げられ、男子はロシア、女子は中国チームが優勝した。

 閉会式では和太鼓演奏やダンスパフォーマンスで6日間に及ぶ選手たちの健闘を労った。あいさつに立った奥寺康彦実行委員長は「たくさんの素晴らしい試合と交流を見せて頂いた。帰ったらぜひこの経験を周囲に話してもらいたい」と選手らに呼びかけた。表彰では上位入賞チームのほか、個人賞で湘南選抜の鈴木陽笑さん(小田原)が女子の得点王とMVPに、金澤流海奈さん(平塚)が男子のベスト・ゴールキーパーに選ばれた。

 大会を振り返り男子チーム主将の岩野拳士さん(平塚)は「海外のレベルに触れる良い経験になった。知り合った選手たちとまた再会したい」、女子主将の鈴木真央さん(横浜)は「拙い英語でも意外とコミュニケーションがとれた。この経験を将来に役立てたい」とそれぞれの感想を話した。次回大会はドイツのブレーメンで開催される。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

新島襄 命日に偲ぶ

金栗四三らの書簡公開

徳富蘇峰記念館

金栗四三らの書簡公開

1月18日号

伝統の火祭り「左義長」

3町661人が門出

3町661人が門出

1月11日号

防火の誓い新たに

葛川に架橋 延伸へ

太平洋岸自転車道

葛川に架橋 延伸へ

1月4日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

身代わり地蔵ご開帳

身代わり地蔵ご開帳

大磯・西長院 24日に縁日

1月24日~1月24日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第14回「西園寺公望【1】」文・武井久江

    1月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク