11月13・14日の再生可能エネルギーの全国フォーラムを小田原に誘致した 小山田 大和さん 市内成田在住 36歳

掲載号:2015年10月31日号

  • LINE
  • hatena

地域の課題をビジネスに

 〇…2011年3月11日。それ「以前」と「以後」で多くの人の価値観が変わったように、自らも「エネルギー」にこだわる生き方に舵を切り、生き方を見つめ直した。「自分に何ができるのか」

 〇…震災後、自身の方向性を決定づけたのが、かつての上司でもある鈴廣の副社長・鈴木悌介氏。鈴木氏が代表を務める「エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(エネ経会議)」の事務局長への就任。エネルギーを通して地域を、経済を、作る。「自分たちの地域で自分たちが動いてできること」。これまでの自分自身の活動にぴったり呼応した。ただ、安定した職を投げ打ち、家族を抱える身にとって先が見えない活動への転向には覚悟がいった。実は3度断ったのだという。当時を振り返り「(鈴木氏に)人生を変えられた」と笑顔で言い放つ。それでも「若い人達にはそんな人生を変えるような出会いをしてほしい」と目を細めた。

 〇…海老名市出身。関東学院大への進学を機に小田原へ。当時は学校の教員になるのが夢だった。小田原キャンパスは地域との交流が少なく、断絶気味だった。そのため、学内の自治会長を務めるなど、地域づくりに積極的に携わるようになった。その中で酒匂川の治水史を学び、郷土の偉人・二宮尊徳をはじめ、当時の人々が酒匂川沿いの松並木に込めた『自分たちの経済は自分たちで守る』という覚悟を知る。「地域の課題は決して負債ではなく資産に変えられる」。そこに思い至った時、教員になる以上の喜びを感じている自分がいた。

 〇…全国フォーラムを控え、若い人たちの参加を呼び掛ける。「もし地元に仕事があれば働きたいという人は多い。『地域の課題をビジネスにする』ということに夢や希望があり、『飯が食える』ということを示したい」と鼻息が荒い。新しい時代の扉を開く「あさが来た」。

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

吉川 伸治さん

小田原高校創立120周年記念事業実行委員会の委員長を務める

吉川 伸治さん

小田原市扇町在住 68歳

11月28日号

青柳 明人さん

「ミナカ小田原」にある小田原駅東口図書館の統括責任者を務める

青柳 明人さん

(株)有隣堂勤務 58歳

11月21日号

本木 和子さん

小田原市主催の女性の活躍推進セミナーで講師を務める

本木 和子さん

小田原市栄町在住 55歳

11月14日号

松田 宏道さん

11月1日付で小田原市仏教会の会長に就任した

松田 宏道さん

小田原市板橋在住 67歳

11月7日号

勝俣 浩行さん

新町長として箱根町の舵取り役を担う

勝俣 浩行さん

箱根町在住 66歳

10月31日号

清水 勲さん

内閣府からエイジレス章を受章した

清水 勲さん

小田原市城山在住 77歳

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク