広澤榮さん直筆の脚本も 映画テレビ資料を市に寄贈

文化

掲載号:2019年2月23日号

  • LINE
  • hatena
資料を前に榮さんの思い出を語る厚さん(奥)
資料を前に榮さんの思い出を語る厚さん(奥)

 小田原出身の脚本家で東宝映画助監督の広澤榮さん(1924―96)の旧蔵資料が2月15日、長男の広澤厚さん(56)によって小田原市に寄贈された。加藤憲一市長から感謝状が渡された。

 資料は映画「サンダカン八番娼館」「七人の侍」「雪国」、テレビドラマ「水戸黄門」「大岡越前」の脚本や製作記録など422点。直筆の原稿や場面割りの他、俳優との書簡、映画「学校」の原作をつくるための取材写真もある。小田原空襲を描いたスケッチ帖や小田原のアマチュア劇団「こゆるぎ座」で上演した「天佑丸」「もうひとつの学校」の台本など、郷土に関わる資料も含まれている。

 戦争を題材とした作品や社会的弱者への共感、平和への願いを感じさせる作品を数多く手掛けてきた榮さん。厚さんは「立場の弱い人、庶民の立場に立って書くという姿勢は生涯一貫していた」と話す。また、信念に合わない仕事はすべて断っていたという。

 都内で生まれ育った厚さんだが、幼少の頃から遊びに来ていた小田原に対しては特別な思いがあるという。「文化を大切にしている小田原で、大切に使ってもらえたら」と話すと、加藤市長は「市民が間近で見られるよう、榮さんの偉業を生かしていきたい」と謝辞を述べた。寄贈された資料は、4月以降に市立図書館で一般公開が予定されている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

暮らしに寄り添う木の器

暮らしに寄り添う木の器 文化

清閑亭で挽物二人展

11月28日号

「焦らず、後ろ歩きで逃げて」

「焦らず、後ろ歩きで逃げて」 教育

曽我小 イノシシ対策教室

11月28日号

福井泰代さん

福井泰代さん 文化

(株)ナビット 代表取締役

11月28日号

目標を持って努力する3年間

目標を持って努力する3年間 教育

林忠校長にインタビュー

11月28日号

祝福を込めてデザイン

祝福を込めてデザイン 文化

美術部 井上理杏さん

11月28日号

英語を通じて育む総合力

英語を通じて育む総合力 文化

城内入学・小田高卒の教諭 甲斐大貴さん

11月28日号

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク