タウンレポート 王者の指導求め選手集結 城北工定時制の佐藤教諭

スポーツ

掲載号:2019年6月29日号

  • LINE
  • hatena
フォームの指導にあたる佐藤教諭
フォームの指導にあたる佐藤教諭

 小田原城北工業高のグラウンドでは、同校の陸上部員にまじって他校の生徒も練習に励む。お目当ては、コーチとして指導にあたる同校定時制教諭の佐藤享さん(31)。10年以上破られぬハンマー投の神奈川県高校記録保持者だ。

 旧・箱根明星中出身。当時同校には陸上部がなく、足柄下郡の中学校陸上競技大会時には特設チームを結成。サッカー部に所属していた佐藤さんは、毎年学校代表として出場していた。

 3年生では3種競技(走高跳・砲丸投・100m)で県大会に進出。結果は振るわなかったが、「跳ぶ・投げる・走る」の3拍子そろった身体能力の高さに目をつけた人物がいた。当時の小田原高体育教諭で、現在は同じ城北工高で陸上部顧問を務める鈴木充さん(61)だ。

 「陸上をやらないか」。熱心な勧誘が始まり、「息子にやらせてみなよ」と、父の飲み仲間にまで広がったスカウトの輪。高校でも続けたかった一方、「勉強がちょっと……」と志望校には届かなそう。それならばと誘いを受け、陸上の優秀な指導者がいる小田原城東高(現・小田原東高)に進学を決めた。

 身長172cmで、どちらかと言えば小柄。体格差の影響を受けにくいハンマー投を始めたが、練習は想像以上に過酷だった。求められるのは基礎トレーニングばかりで、スイングは1日に最低3千回。「嫌で仕方なかったけれど、先生が怖くて」

 ところが疲労困憊でも続けるうちに、ふいに味わった腕の力がスッと抜ける感覚。ハンマー投では力みが失敗の元で、その克服こそが上達への道だ。「基礎が大切」と感じて以降、入学当初は25m程だった記録が半年後に50mまで伸び、新人戦で関東制覇。3年次にはインターハイ、国体、日本ジュニア選手権でハンマー投3冠を獲得した。



 中京大時代、毎日練習を共にしていたアテネ五輪金メダリストの室伏広治さん。間近に感じた世界との差に挫折も味わったが、「一流を見続けたことは、指導者として大切なスキル」と胸を張る。思い出すのは高校時代、練習に対する意識が変わったあの瞬間。「生徒たちにも必ずある。早く引き出してあげたい」。そんな指導を求め、県内各地から集まる高校生たち。この世界へ導いてくれた恩師のもと、自身の県高校記録を塗り替える選手を育てるのが目標だ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

販促・記念グッズに

オリジナルエコバッグ

販促・記念グッズに 文化

もらってうれしい実用品

4月10日号

優秀選手に杉山さん

相模原市スポーツ協会

優秀選手に杉山さん スポーツ

やり投で好成績

4月10日号

解き明かせ 北条氏の秘密

解き明かせ 北条氏の秘密 文化

小田原で謎解きゲーム

4月10日号

雄大な一本桜、今年も

芦ノ湖箱根園

雄大な一本桜、今年も 文化

満開は4月中旬

4月10日号

地域への思い込めた日本酒

井上酒造かなごて

地域への思い込めた日本酒 経済

新商品「推譲」 4月1日発売

4月10日号

北条五代の100年語る

松沢前知事

北条五代の100年語る 政治

新著出版で講演会

4月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク