(PR)

「低アレルギーの蕎麦」実現の一歩 久津間製粉 株式会社

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
「安心な伝統食材を食卓へ」(久津間社長)
「安心な伝統食材を食卓へ」(久津間社長)

 日本を代表する食材でありながら欧米料理やスイーツなどで用いられる「そば」。昨今では斬新なつけ汁で楽しむ「つけ蕎麦」の登場など、発想も自由な食材だ。1903年の創業を誇る久津間製粉(株)=本社・小田原市久野=の久津間裕行社長も『誰でも口にできるそば』の開発に着手するなど、その可能性を拡げようと取り組んでいる。

 医療などの発達で明らかになる多様なアレルギー物質。そばも長年、その食材の一つとして名前が挙がってきた。

 そんな課題を打破しようと昨年、全国蕎麦製粉協同組合と北海道農業研究機構、筑波大学が国の支援を受けて3年計画で共同研究に乗り出した。同組合の副理事長を務める久津間社長が指揮を執るのが「低アレルゲンそば」開発といった品種の改良だ。

家族の団らんに安心のそばを

 「業界の悲願」ともいえる取り組みに携わる久津間社長。「昨年はそばアレルギーの方から協力を得て血液採取を進めた。そばの遺伝子解析は100%完了しているので、ようやく一歩が踏み出せた」と期待を話す。

 研究を進める中で発見もあった。専門機関への聞き取りで、そばアレルギー患者数は小麦粉などと比較して少ないことが分かったという。「ただ重篤な症状に陥った事例は確かにあるので、一刻も早く誰でも安心して食べられる品種を開発したい」と熱が入る。

 願うのは伝統の食材が並ぶ“家族団らんの姿”。「一人でも多くの人たちにそばの風味や美味を感じてもらえれば、それが食育にもつながる。業界の願いもそうだが、子を持つ親としても実現を目指したい」。

 アレルギーの心配なく多彩なメニューでそばを楽しむ…、新たな食生活はそこまで来ている。

久津間製粉株式会社

小田原市久野2358

TEL:0120-34-1157

https://sobako-kutsuma.com/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

いざという時の備えに

オリジナル防災グッズ作りませんか

いざという時の備えに

自治会・学校などで使用

10月23日号

「お食事体験&個別見学会」開催

介護付きホーム

「お食事体験&個別見学会」開催

SOMPOケア ラヴィーレ小田原弐番館

10月23日号

山安でさんま大盤振舞

山安でさんま大盤振舞

10月23日 ターンパイク本店

10月23日号

風魔忍者ショー&修行体験

ワクワク、ドキドキ「集まれ忍者キッズ!」 予約不要無料

風魔忍者ショー&修行体験

会場/市観光交流センターにぎわい広場

10月23日号

女性向け創業セミナー

独立、副業-夢の開業をサポート

女性向け創業セミナー

〈申込受付中〉 11月20日(土)開催

10月23日号

参加無料のまち協「我が家の相談室」

参加無料のまち協「我が家の相談室」

11月8日(月) 生涯学習センターけやき

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook