(PR)

「低アレルギーの蕎麦」実現の一歩 久津間製粉 株式会社

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
「安心な伝統食材を食卓へ」(久津間社長)
「安心な伝統食材を食卓へ」(久津間社長)

 日本を代表する食材でありながら欧米料理やスイーツなどで用いられる「そば」。昨今では斬新なつけ汁で楽しむ「つけ蕎麦」の登場など、発想も自由な食材だ。1903年の創業を誇る久津間製粉(株)=本社・小田原市久野=の久津間裕行社長も『誰でも口にできるそば』の開発に着手するなど、その可能性を拡げようと取り組んでいる。

 医療などの発達で明らかになる多様なアレルギー物質。そばも長年、その食材の一つとして名前が挙がってきた。

 そんな課題を打破しようと昨年、全国蕎麦製粉協同組合と北海道農業研究機構、筑波大学が国の支援を受けて3年計画で共同研究に乗り出した。同組合の副理事長を務める久津間社長が指揮を執るのが「低アレルゲンそば」開発といった品種の改良だ。

家族の団らんに安心のそばを

 「業界の悲願」ともいえる取り組みに携わる久津間社長。「昨年はそばアレルギーの方から協力を得て血液採取を進めた。そばの遺伝子解析は100%完了しているので、ようやく一歩が踏み出せた」と期待を話す。

 研究を進める中で発見もあった。専門機関への聞き取りで、そばアレルギー患者数は小麦粉などと比較して少ないことが分かったという。「ただ重篤な症状に陥った事例は確かにあるので、一刻も早く誰でも安心して食べられる品種を開発したい」と熱が入る。

 願うのは伝統の食材が並ぶ“家族団らんの姿”。「一人でも多くの人たちにそばの風味や美味を感じてもらえれば、それが食育にもつながる。業界の願いもそうだが、子を持つ親としても実現を目指したい」。

 アレルギーの心配なく多彩なメニューでそばを楽しむ…、新たな食生活はそこまで来ている。

久津間製粉株式会社

小田原市久野2358

TEL:0120-34-1157

https://sobako-kutsuma.com/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

からすみ

先生おしえて㉗

からすみ

杏林堂クリニック 金城(かねしろ) 院長

1月16日号

ひな人形展示即売会

おもちゃと人形の「あさひや」

ひな人形展示即売会

「寿町に移転し、おかげさまで4年」

1月16日号

通信教育で社会福祉士に

注目の「給付金制度」で国家資格取得 4月入学受講生募集

通信教育で社会福祉士に

茅ヶ崎リハビリテーション専門学校

1月9日号

本場でかまぼこ食べ比べ

本場でかまぼこ食べ比べ

多彩な小田原の魅力を知るツアー

1月9日号

ママと赤ちゃんに寄り添う

ママと赤ちゃんに寄り添う

小田原レディスクリニック

1月9日号

自分だけの海鮮丼を作ろう

食品サンプルおうちで体験

自分だけの海鮮丼を作ろう

(株)小田原サンプルが商品化

1月9日号

小田原歯科医師会 記念講演会

教育評論家の尾木直樹(尾木ママ)氏、作家の鎌田實氏による講演会を開催します。

http://odawarashika100.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

木彫作品30点を展示

NEW新九郎

木彫作品30点を展示

1月24日まで倉橋元治展

1月13日~1月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク