北条氏ゆかり虎朱印 民の穏やかな暮らし願い

文化

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
北条家の文書に押印された虎朱印(左)、印影の例(右)=小田原城総合管理事務所提供
北条家の文書に押印された虎朱印(左)、印影の例(右)=小田原城総合管理事務所提供

 2022年は寅年。戦国時代、小田原城を本拠に関東一円を治めた戦国大名・北条氏は、家印(公印)として「祿壽應穩(ろくじゅおうおん)(禄寿応穏)」の文字の上に虎を据えた「虎朱印」を使用していた。印にまつわる歴史と意味を追った。

 虎朱印は、現在確認できる最古のものは1518(永正15)年に、伊豆の木負などに当てたもので、北条早雲こと宗瑞から氏綱への代替わりとの関連が指摘されている。以後、氏康・氏政・氏直と代々使用された。

 戦国時代の文書で、印章を用いたものを「印判状」と言い、戦国大名が用いた印章は虎・馬・象・鳳凰・獅子・鶴など動物が描かれたり、独特の印文を刻して、印判状の発行者の意図や個性を主張したものが多かった。家印(公印)としての使用は、北条氏が先駆けて取り入れたという。

 印文の「祿壽應穩」には「領民の禄(財産)と寿(生命)が応(まさ)に穏やかであるように」と、人々が平和で暮らすという願いが込められている。

 なぜ虎なのかについては、小田原市の学芸員によると「1518年が寅年だったことや霊獣である虎で縁起を担いだなども考えられるが、明確な理由は不明」という。

 小田原城天守閣(1月1日(土)午前9時開館、入館料が必要)と小田原市郷土文化館(1月15日(土)開館)には、虎朱印を模したスタンプがある(無料)。今年一年の願いを込めて、押してみてはいかがだろうか。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

3年ぶり武者パレードも

5月3日

3年ぶり武者パレードも 社会

「北條五代 歴史と文化の祝典」

4月30日号

『みかんの花〜』で出発進行

JR国府津駅

『みかんの花〜』で出発進行 文化

発車メロ、5月2日変更

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook