秦野版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

秦野斎場増築棟が竣工 4月1日から供用開始

社会

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
テープカットで竣工を祝う
テープカットで竣工を祝う

 老朽化に伴い、増築改修工事を進めてきた秦野斎場(秦野市曽屋1006)の増築棟竣工式が3月17日に行われた(主催/秦野市伊勢原市環境衛生組合)。増築棟は4月1日から供用が開始される。

 竣工式では、同組合の組合長である高橋昌和秦野市長や副組合長の高山松太郎伊勢原市長のほか、同斎場の関係者らが参列。テープカットで竣工を祝ったあと、記念式典が行われた。

 式典では高橋組合長が「老朽化に伴い安定的な稼働に支障が出るとともに、現在の炉数では対応が困難になると見込まれ、早急な整備が求められてきた」とこれまでの経緯を説明。「火葬施設の尊厳を保ちながら、より良い運営を続けていく」と新たな施設に向けて期待を寄せた。

 秦野斎場は1976年に供用を開始。火葬炉5炉・待合室5室を備え、秦野市・伊勢原市を管轄地区として40年以上に渡って稼働してきた。しかし、近年では火葬炉設備や建物の一部に老朽化が見られたほか、高齢化の進展に伴い、将来的に火葬需要の増加に対応できないことが見込まれることから、2016年11月から増築改修工事を開始。既存の施設に接する形で増築棟が建設された。

 増築棟は延べ面積約2660平方メートル、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の混構造2階建て。台車式火葬炉7炉(別に1炉分の予備スペースあり)を備え、稼働後は1日最大で14件の火葬を受け入れることができる。

環境に配慮した使いやすい施設に

 排気筒は屋根と一体感をもったデザインとなっており、排ガス対策として集塵装置(バグフィルター)や再燃炉、送風機などが付けられた。また、災害対策として標準建物の1・25倍の耐震性を確保し、1週間分の燃料や雑用水の備蓄槽、非常用発電機などを備える。床材や壁、天井のルーバーには杉を主体とした地元産の木材を使用。自然光を効果的に取り入れる天窓やルーバーなども設置されている。施設内には告別室・収骨室・待合室が各4室備えられたほか、既存施設にはなかった授乳室やキッズルーム、更衣室なども新設された。

 今後は、増築棟の供用開始を待って既存火葬棟は解体され、既存待合棟は4室の待合室と多目的室を備えた施設に改修される。総事業費は約20億3000万円となる見込みで、全体の完成は2018年度末を予定している。

秦野版のトップニュース最新6

秦野産ジビエ 流通へ

秦野産ジビエ 流通へ 経済

ブランド化で観光資源に

7月30日号

大倉高原山の家解体へ

秦野市

大倉高原山の家解体へ 社会

トイレ設置等再整備計画

7月30日号

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter