秦野版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

桜のトンネルアートお披露目 高速バス利用促進で連携

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
完成した桜のトンネルアートと関わった生徒・学生ら
完成した桜のトンネルアートと関わった生徒・学生ら

 東名高速道路秦野中井ICの高速バス利用者用駐車場から東名秦野バスストップ(下り)の間にあるトンネル壁面に3月27日、市内小・中学生、高校生が描いた桜のトンネルアートが設置された。

 この事業は、秦野市と東海大学が行っている事業提携の中で、高速バスの利用促進を目的とした利用環境改善策の一環として行われたもの。バスストップへの通路となるこのトンネルの暗いイメージを変え、子どもや女性にも利用しやすい環境を作ろうと、管理者である中日本高速道路(株)の協力を得て、トンネルアートを設置することが決まったという。

 企画・図案は東海大学工学部土木工学科の梶田研究室(梶田佳孝教授)が担当した。企画に関わった同研究室の冨田貢司さん(4年)は「図案については、秦野らしいものは何かを調べた。色々と案はでたが、年間を通して桜が楽しめるまちは珍しく、桜をモチーフにすることに決めた」と話す。

 これまでも様々な事業で地域連携を行ってきた同大では、今回も地元の協力を仰ごうと、近隣の大根小学校、広畑小学校、鶴巻中学校、大根中学校、秦野高校に協力を依頼。今年2月には秦野高校の美術部が桜の幹を描き、その幹が描かれたパネルに3月、大根中、鶴巻中、大根小、広畑小の児童・生徒が手形で桜の花を表現していった。

 完成したトンネルアートは幅14・4m、高さ1・8m。3月27日には関係者らが見守るなか最後の取り付けが行われ、完成を祝った。

 当日、集まった秦高美術部の生徒らも「9人で頑張って幹を描いた。私たちの時は枯れ木だったが、完成した絵では花が咲いて可愛くなっていてびっくりした」と話す。冨田さんも「それぞれの学校の個性が出ていて面白い。満開になった桜の絵を見ると、達成感があります」と完成を喜んだ。今回の事業を中心的に進めてきた梶田教授は「大学生と一緒に何ができるかを考えてきた。親しみを持ってもらい高速バスの利用促進につながれば」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

秦野産ジビエ 流通へ

秦野産ジビエ 流通へ 経済

ブランド化で観光資源に

7月30日号

大倉高原山の家解体へ

秦野市

大倉高原山の家解体へ 社会

トイレ設置等再整備計画

7月30日号

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter