秦野版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

桜のトンネルアートお披露目 高速バス利用促進で連携

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
完成した桜のトンネルアートと関わった生徒・学生ら
完成した桜のトンネルアートと関わった生徒・学生ら

 東名高速道路秦野中井ICの高速バス利用者用駐車場から東名秦野バスストップ(下り)の間にあるトンネル壁面に3月27日、市内小・中学生、高校生が描いた桜のトンネルアートが設置された。

 この事業は、秦野市と東海大学が行っている事業提携の中で、高速バスの利用促進を目的とした利用環境改善策の一環として行われたもの。バスストップへの通路となるこのトンネルの暗いイメージを変え、子どもや女性にも利用しやすい環境を作ろうと、管理者である中日本高速道路(株)の協力を得て、トンネルアートを設置することが決まったという。

 企画・図案は東海大学工学部土木工学科の梶田研究室(梶田佳孝教授)が担当した。企画に関わった同研究室の冨田貢司さん(4年)は「図案については、秦野らしいものは何かを調べた。色々と案はでたが、年間を通して桜が楽しめるまちは珍しく、桜をモチーフにすることに決めた」と話す。

 これまでも様々な事業で地域連携を行ってきた同大では、今回も地元の協力を仰ごうと、近隣の大根小学校、広畑小学校、鶴巻中学校、大根中学校、秦野高校に協力を依頼。今年2月には秦野高校の美術部が桜の幹を描き、その幹が描かれたパネルに3月、大根中、鶴巻中、大根小、広畑小の児童・生徒が手形で桜の花を表現していった。

 完成したトンネルアートは幅14・4m、高さ1・8m。3月27日には関係者らが見守るなか最後の取り付けが行われ、完成を祝った。

 当日、集まった秦高美術部の生徒らも「9人で頑張って幹を描いた。私たちの時は枯れ木だったが、完成した絵では花が咲いて可愛くなっていてびっくりした」と話す。冨田さんも「それぞれの学校の個性が出ていて面白い。満開になった桜の絵を見ると、達成感があります」と完成を喜んだ。今回の事業を中心的に進めてきた梶田教授は「大学生と一緒に何ができるかを考えてきた。親しみを持ってもらい高速バスの利用促進につながれば」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

みんなのベンチ設置

大根地区

みんなのベンチ設置 社会

坂道途中の休憩所に

5月20日号

ホタル復活へ本格始動

くずはの家

ホタル復活へ本格始動 社会

「とんぼのせせらぎ」復旧

5月20日号

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第4回・27歳まで僕は「逃げ続けた」

    5月20日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook