秦野版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • はてぶ

秦野市 高村栄二副市長が就任 外部からの登用は初

政治

高村副市長
高村副市長
 2018年秦野市議会第3回定例会の最終日となった10月3日、高橋昌和市長から副市長選任に関する追加議案が提出され、同日本会議で同意。高村栄二氏(65)が副市長に就任した。秦野市が副市長に外部の人材を登用するのは初めて。

 高村氏は1953年生まれ。1979年早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻修士課程を修了し、同年から2014年まで神奈川県職員として勤めた。その間、県土整備部都市計画課長や津久井土木事務所長、県土整備部次長(基盤整備担当)、県土整備局参事監兼環境共生都市部長、県土整備局長などの役職を務めた。2014年から今年6月まで首都高速道路株式会社の執行役員を務めた。元県職員など外部からの人材を副市長のポストに登用するのは秦野市では初めてのこととなる。

2人制の意義や役割を市長が議会で答弁

 高橋市長は今回の議会の2017年度決算総括質疑の中で、八尋伸二議員の質問に対し「人口減少や超高齢社会の中で、複雑・多様化する行政需要に迅速・的確に対応するため」と、副市長を2人とする意義を説明。

 さらに高村氏に関して「技術系で行政経験が豊富な方」と評し、「宮村慶和副市長には事務系の分野、高村副市長には土木・建築などの技術系の分野を所管して欲しい」と、2人の副市長が果たす役割について示唆する答弁を行っていた。

 新たに副市長に就任した高村氏は「これまでの経験や知識、人脈を生かして、県とのパイプ役を果たしていきたい」と話した。同氏の任期は4年間。

 秦野市では今年1月に行われた市長選挙で前市長の古谷義幸氏が敗れたことに伴い、任期途中の八木優一副市長が退任。以降、宮村副市長の1人体制となっていた。

「困った」を「よかった」に

水のトラブル365日対応!住宅総合リフォーム・ガス・太陽光等はみどりやへ

http://k-midoriya.com

<PR>

秦野版のトップニュース最新6件

丹沢に響いた鎮魂の鐘

秦野戸陵会

丹沢に響いた鎮魂の鐘

10月19日号

トライアル下大槻に出店

秦野盆地の地下水量把握へ

独自に中学校給食方式検討

新規就農者へ倉庫貸出

JAはだの

新規就農者へ倉庫貸出

10月5日号

市内の被害7000万円超

振り込め詐欺

市内の被害7000万円超

9月28日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク