秦野版 掲載号:2020年6月5日号 エリアトップへ

リュウキュウサンショウクイ ひなの巣立ちを確認 野鳥の会・八木会長「本州で初か」

社会

掲載号:2020年6月5日号

  • LINE
  • hatena
巣立ち後のひな
巣立ち後のひな

 今年の4月に秦野市内の大倉地区の杉の木のてっぺん付近の枝に、県内で初めての営巣と抱卵が確認されていたリュウキュウサンショウクイ。5月24日には卵から孵ったひなの巣立ちが確認された。

 観察者は、はだの野鳥の会会長の八木茂さん。リュウキュウサンショウクイの巣は大倉地区の奥、表丹沢の標高420mの山中で確認されていた。4月23日には抱卵に入り、5月14日にはひなの様子を確認、同20日には親鳥が餌をやっている様子が見られた。親鳥が餌を与える角度の違いから、ひなは3羽いたと推定されるという。八木さんはこれまでに市内でオオルリやクロツグミなどの抱卵を見てきたが、いずれもひなの誕生には至らなかった。「孵化までにカラスなどの鳥や獣などに襲われたり卵を取られたりすることもあるため、今回は子育てまで見られて感激しています」と話す。

 そして5月24日8時前、1羽のひなの巣立ちを確認した。すでに巣立ちが始まっていたようで正確なひなの数は分らなかったという。

 八木さんは「リュウキュウサンショウクイのひなは親と違い、とても短い尾が印象的。巣立ちの確認は九州四国以外で初めてではないかと思います。今後は関東地方でも事例が増えるのでは。無事大きくなってくれると良いです」と期待を寄せた。

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

地域の健康の担い手として

地域の健康の担い手として 政治

秦野市食生活改善推進団体会長 飯田あや子

1月21日号

スイセンが見頃

スイセンが見頃 文化

震生湖弁財天近くで

1月21日号

坡州との交流の架け橋

坡州との交流の架け橋 社会

秦野・坡州友好協会会長 福森登

1月21日号

クラコンピアノで入賞

クラコンピアノで入賞 教育

下落合 クレッセントの2人

1月21日号

チア全国でW優勝

市内在住の吉浦姉妹

チア全国でW優勝 スポーツ

1月21日号

こども園に市長選啓発物

秦野市明るい選挙推進協議会

こども園に市長選啓発物 社会

園児通し保護者に周知

1月21日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook