秦野版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

ココハダLAB 秦野茶使ったビール完成 「HANOCHA」販売も開始

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
秦野産茶葉を使った「HANOCHA」
秦野産茶葉を使った「HANOCHA」

 地域活性を目的に地元有志で活動している「エンタメ型地域活性化コミュニティ ココハダLAB(代表・ジェントルゆうすけさん)」が秦野産茶葉を使用したビール「HANOCHA」を完成させ、10月3日から販売・提供を開始した。

 全国的に地元の名産などを使ったクラフトビールが広がる中、「秦野にもクラフトビールがほしい」という発想から今年春に企画がスタート。企画を中心となって進めてきた小桧山茂雄さん=人物風土記で紹介=は「『はだのブランド』の冊子を見てすぐ、お茶に決まりました」と話す。

 秦野産の茶葉は、小桧山さんと仕事上で取引があった高梨茶園(菩提・高梨孝代表)に依頼し、ビール醸造はすでに茶ビールのノウハウを持つ「京都ビアラボ」に協力を求めた。「代表の方の地域活性への想いが、とても自分たちと似ていました。運命的に感じ、委託醸造をお願いしました」とゆうすけさん。

 製造にあたっては、第一に「おいしいビール」をめざした。まずは高梨茶園の茶葉を同社に試飲してもらい、その結果、ゴールデンエールが秦野産の茶葉に合うとわかった。7月には、高級煎茶とやぶきた茶の2種類でテスト醸造を実施。完成したビール2種を同団体関係者など約50人に茶葉の種類を伏せた状態で試飲してもらい、投票結果から最終的に高級煎茶を使ったものを採用したという。

話題の中心にあるコミュニティビールに

 こうして秦野産茶葉を使用した茶ビールが完成し、「HANOCHA」と命名した。フルーティーな透き通る味わいで、お茶の爽やかな余韻が残るのが特徴。普段ビールを飲まない人でも飲みやすいものとなっているという。小桧山さんは「ラベルのデザインも、どこへ持って行ってもいい格好良さを追求し、シンプルでスタイリッシュなものにしました」と話す。イメージキャラクターには「はだのブランドアンバサダー」の立石純子さんを起用し、PRを展開している。

 小桧山さんは「色んな人が集まる場所、話題の中心にこのビールがある、そんな『コミュニティビール』という新たなジャンルを作りたい」と話す。初回は700本限定で、飲食店や酒屋など市内24店舗と、オンラインショップで購入できる。同団体の公式LINEではオリジナルグラスがもらえるポイントカードも導入している。「第2、第3弾も楽しみにしていて欲しい」とゆうすけさん。取扱い店や詳細は同団体ホームページhttps://www.kokohada.comへ。

「HANOCHA」イメージキャラクターの立石さん(左)
「HANOCHA」イメージキャラクターの立石さん(左)

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

期日前投票5カ所で

第49回衆議院議員総選挙

期日前投票5カ所で 政治

10月22日号

水墨画の個展初開催

秦野市出身長嶋芙蓉さん

水墨画の個展初開催 文化

ライブパフォーマンスも

10月22日号

秋のオリエンテーリング

秋のオリエンテーリング 文化

10月23日・24日 くずはの家

10月22日号

学ぼう!減らそう!食品ロス

学ぼう!減らそう!食品ロス 教育

参加募集 11月14日 堀川公民館

10月22日号

震生湖がロケ地に

劇場版「きのう何食べた?」

震生湖がロケ地に 文化

10月22日号

ラケット交わし24人が試合

ラケット交わし24人が試合 スポーツ

車いすテニスニューミックス大会

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook