秦野版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

秦野市の救急拠点 ワークステーション開始 秦野赤十字で10月12日から

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
拠点が置かれる秦野赤十字病院
拠点が置かれる秦野赤十字病院

 新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために、延期していた「秦野市派遣型救急ワークステーション」の運用が10月12日から開始されることとなった。同拠点は秦野赤十字病院(田中克明院長)に設置される。

 派遣型救急ワークステーションの設置は今年3月秦野市と同病院との間で協定が締結され、本来4月20日から運用されることになっていた。

 しかし新型コロナウイルス感染症患者が市内で発生し感染拡大が懸念されることに加え、近隣の自治体でも救急ワークステーションの運用を休止したことなどの状況も踏まえ、運用を見送っていた。新型コロナウイルスの影響は未だ終息を見せないものの市民の命を守ろうと10月12日からの運用に踏み切った。

 運用にあたり、マスクや手袋、ガウンの着用を始め、換気対策や消毒作業の回数を増やすなど、これまで以上に感染症対策を徹底し、ソーシャルディスタンスなどに心がけて対応に当たるという。

医師と看護師が救急車に同乗

 ワークステーションの拠点は、秦野赤十字病院に設置される。この事業には、東海大学医学部付属病院も協力。毎週月曜日から水曜日の3日間、午前9時から午後5時まで、救急車1台と消防の救急隊員に加え、同大学病院救急科の医師が同病院に派遣される。

 消防本部に救急車の要請があった場合、重症度・緊急度が高いと判断されると同大学病院から派遣された医師と看護師が救急車に同乗し、現場に向かう。これにより搬送途中の救急車の中で、気管挿管や薬剤の投与など医療行為を行うことが可能になる。

 市消防本部では「救急体制の強化と病院前救護体制の充実を図ることが目的で設置した。医師らが現場に向かうことで、救命率の向上と後遺症の軽減につながることを期待している」と話す。

秦野版のトップニュース最新6

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明 政治

来年1月 秦野市長選挙

10月15日号

市民と店舗LINEでつなぐ

市民と店舗LINEでつなぐ 経済

10月20日からスタンプラリー

10月15日号

“青パパイヤ”を初出荷

秦野市

“青パパイヤ”を初出荷 社会

特産化めざし15農家が栽培

10月8日号

東海大駅前交番移転へ

秦野警察署

東海大駅前交番移転へ 社会

ロータリーで新築工事開始

10月8日号

乳がん検診 呼びかけ

柳町商店会

乳がん検診 呼びかけ 社会

 10月末まで 駅前をライトアップ

10月1日号

ランチでスタンプラリー

ランチでスタンプラリー 経済

3店巡り食事券が当たる

10月1日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook