秦野版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

現代美術家で公開中映画『ロボット修理人のAi(愛)』の美術監督を務めた 田中 太賀志(たかし)さん 鶴巻在住 62歳

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena

活動のテーマは「生命力」

 ○…全国公開に先駆け、5月に秦野で先行上映会が行われた。伏線が多く何度も観たくなる、観るたびに新たな感情が沸き上がってくる―、そんな映画『ロボット修理人のAi(愛)』。実兄が監督を務めるこの映画の美術監督として映画制作に携わった。

 ○…映画にかかわるのは初めて。「(兄の)無茶ぶりにも対応。大道具まで制作しました。ロケ地の美しさを映像に活かすための工夫が大変でしたが、とても良い経験をさせてもらいました」と達成感をにじませた。

 ○…大学卒業後、美術教諭に。小田原養護学校を皮切りに、県内の特別支援学校で教鞭をとる。教員生活の傍ら、横浜国立大学教育人間科学部特殊教育特別専攻科を修了、ドイツへも留学し、教員として、アーティストとしての幅を広げた。秦野養護学校の教頭まで務めあげ定年を迎えた。

 ○…定年後すぐにスペインの「アーティスト・イン・レジデンス」に参加。作家活動に本腰を入れる。世界中から集う作家たちとの交流に刺激を受けた。現在、田中現代美術研究所代表。菩提に構えるアトリエは秦野に縁の彫刻家・眞板雅文さんから受け継いだ。15回を数える「丹沢アートフェスティヴァル」の立ち上げから参加。地元の美術振興にも力を注ぐ。

 ○…活動のテーマは「生命力」。「現代美術は今生きている人たちの断面を見せること」と話す。弾丸のように繰り出される”アートへの想い”に思わず引き込まれる。アトリエとは別に運営する「みんなの工房クンストハウス」では”誰もが美術を楽しむ”をコンセプトに初心者から美術教員まで学ぶことができる。芸術は心を養うために必要なもの。「アートを発見する楽しさ」を秦野から発信提供したいと考えている。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

守屋 真一さん

秦野市内の魅力を再発見するイベントを企画している

守屋 真一さん

柳川出身 31歳

10月22日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook