平塚版 掲載号:2014年8月28日号

世界一目指しブラジルへ

ラフティングチームが市長訪問

世界選手権に出場するチームテイケイ(写真提供/チーム・テイケイ)
世界選手権に出場するチームテイケイ(写真提供/チーム・テイケイ)
 平塚市を拠点に競技活動を行っているラフティングチーム・テイケイが10月8日から19日にかけて開かれる世界選手権2014ブラジル大会に出場する。21日、チームメンバー6人が市役所を訪れ、池田拓也選手兼任監督は、落合克宏市長に「優勝して平塚に金メダルを持ち帰りたい」と意気込みを語った。

 ラフティングは、ゴムボートを操り激流を下るスポーツ。テイケイは、レースラフティングの世界一と競技の国内普及を目的に2002年12月に国内唯一のプロチームとして結成。相模川河口の馬入橋付近や全国各地の河川で練習に励んでいる。

 世界選手権は短距離2種目とスラローム、長距離の総合得点によって争われ、テイケイは2010年と2011年に連覇を達成。2013年は準優勝している。

 キャプテンの古川陽進さんは「接触のある種目の強化を目的としたトレーニングを積んで、メンバー全員が体重を増やすことができた。ライバルのブラジルに勝ちたい」と抱負を話し、落合市長は「優勝という良い報告が届くことを待っています。体調に気を付けて頑張ってください」と激励していた。

平塚版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

平塚版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日本画の趣きらり

日本画の趣きらり

美術館で「なでしこ会展」

11月28日~12月3日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク