青葉区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

鼓粋ジュニア部 1都7県の頂点に 8月、和太鼓の全国大会へ

文化

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena
ブロック大会を終え、笑顔の6人=提供
ブロック大会を終え、笑顔の6人=提供

 (公財)日本太鼓財団主催の「日本太鼓ジュニアコンクール 関八州ブロック大会」が埼玉県で5月23日に開催され、すみよし台を拠点に活動する太鼓集団「鼓粋(こすい)」のジュニア部6人のチームが優勝した。10年ぶりに出場する8月の全国大会に向け、練習に励む。

 高校生以下で構成するチームで競う同コンクール。ブロック大会には1都7県から代表8チームが参加し、鼓粋はオリジナル曲「華疾風(はなはやて)」を演奏した。曲の調子が次々と展開していく楽曲を叩ききり、優勝を掴んだ。

 鼓粋は1995年に設立し、小学生からシニアまでが参加する太鼓集団。青葉公会堂など地元での公演やテレビ番組への出演、欧州での海外公演ほか幅広い活動を行っている。

 ジュニア部には現在13人が在籍しており、大会に出場したのは6人。元々同チームは今年1月に予定されていた全国大会に出場する予定だったが、コロナ禍で開催は8月に延期。その上で大会の規定が変更となり、出場自体も一旦白紙に。改めて全国大会に出場するためには、今回のブロック大会で上位4位までに入ることが条件だった。キャプテンを務める加藤飛和(とわ)さん(高3)が「(全国大会出場が白紙になって)不安もあったが、メンバーと『(普段と)やることは変わらない』と冷静に臨んだ」と振り返るように、優勝という結果で10年ぶりの全国大会を決めた。

 昨年はコロナ禍で拠点とする中学校が使えなくなるなど、練習に大きな影響があった同団体。知り合いの太鼓道場を借りたり、自作のパッドや細いバチで自主練したりするなど、工夫して練習に取り組んできたという。指導にあたる同団体の加藤修代表は、全国大会に向け「曲の理解を深め、チームとして和を持った演奏ができるように仕上げていく」と語る。飛和さんは「この前は緊張で力む部分もあった。メンバーと明るい気持ちで悔いのない演奏をしたい」と意気込んでいる。

青葉区版のトップニュース最新6

公道上で実証実験

EV充電器

公道上で実証実験 経済

全国初 しらとり台で開始

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter