緑区版 掲載号:2017年5月11日号
  • LINE
  • hatena

5月13日に行われる「看護の日」イベントの準備に携わる 江藤 和子さん 横浜創英大学(三保町)看護学部兼大学院研究科教授 61歳

棺桶に入るまで前を向く

 ○…横浜創英大学で毎年開催される「看護の日イベント」の実行委員を務める。地域住民に看護について興味を持ってもらい、大学と地域とが一緒になって健康を考えていくことを目的としたこの催しは、今年で6回目。短期大学として看護学科が創設された2007年の当初から在籍し、大学が成長する姿を見つめてきた。「住み慣れた町でいつまでも過ごしてもらいたい」。そんな思いを抱き、地域と真摯に向き合う。

 ○…大学病院の看護師を経て、県の専任教員として長年後進の育成に携わってきた。短大から始まった看護学科が4年制に変わったことについて「じっくりと時間がかけられるようになってよかった」と静かに喜びを語る。看護師になろうと思ったきっかけは中学2年生での職業選択。当時偶然にも病気で入院した際、看護師の献身的な対応に胸を打たれたことや、手に職を持ちたいという思いからこの職業を選んだ。「親に勉強しろと言われたことがなかった。だから逆に自立心が育まれたのかも」とはにかむ。

 ○…アニメのワンピースが好きで、主人公ルフィの「まっすぐな姿」を自身と重ねる。15年ほど前、プライベートでケニアの地に降り立ったとき、言葉に言い表せない”思い”が宿ったという。「またこの地に来ることが直感的に分かった」。その思いをまっすぐに抱き続け、昨年、大学の協力を受けながらケニアのエイズ孤児のためにバザーを企画。学生や職員、地域の人々を巻き込んで成功へと導いた。「多くの人に助けられてきた。その恩返しがしたい」

 ○…今年の9月にはケニアに直接出向き、文房具を届ける予定だ。「最初の一歩がようやく踏み出せた」。今後は、ケニアに看護学校を設立する手伝いをしながら、学校間で国際交流ができればと夢を語る。強い思いを抱き、これからも周囲の人々を巻き込みながら進み続ける。「棺桶に入るまでやりつづけます」

緑区版の人物風土記最新6件

町田 史郎さん

竹山池周辺活性化推進委員会の委員長を務める

町田 史郎さん

12月13日号

池田 絢子(あやこ)さん

育児サークル「マザプラス」代表を務める

池田 絢子(あやこ)さん

12月6日号

加藤 昌子さん

歌俳集「わたしの歩いた道」を出版した

加藤 昌子さん

11月22日号

小松 四郎さん

神奈川県美化運動推進功労者として県知事表彰を受ける

小松 四郎さん

11月15日号

青木 浩さん

MAP BAND FES の実行委員長を務める

青木 浩さん

11月8日号

岸 弘明さん

公募の絵画展「創展」で文部科学大臣賞を受賞した

岸 弘明さん

11月1日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク