緑区版 掲載号:2020年3月12日号 エリアトップへ

新型コロナ 緑区でも影響広まる 小学校では児童受入れ

社会

掲載号:2020年3月12日号

  • LINE
  • hatena
一輪車などで遊ぶ児童(山下みどり台小放課後キッズクラブ提供)
一輪車などで遊ぶ児童(山下みどり台小放課後キッズクラブ提供)

 感染が拡大する新型コロナウイルス。緑区内でもその影響は広まりを見せている。3日から臨時休校となった子どもたちに対する学校などの受入のほか、区内飲食店の状況を取材した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、横浜市内の公立小中学校・高校で3日から臨時休校となった。

 小学校では、親が共働きなどで各家庭での対応が困難な3年までの児童(小中個別支援学級、特別支援学級は全学年)を緊急受入れした(原則通常の課業時間内)。新治小学校に1年生の娘を預けている母親は「こんな時にも受け入れてくれて助かる。娘は嫌がるかなと思ったが、前向きに通ってくれている。学校側には、なるべく生活のリズムが崩れないような対応をしてもらえるとありがたい」と話した。娘も「今日は本を読んだり絵を描いたりしたよ」と笑顔を見せた。

 また、小学生の放課後の居場所として、「放課後児童クラブ」(学童保育)、「はまっ子ふれあいスクール」などでも児童を預かっている。「放課後キッズクラブ」も同様で、午後7時まで利用可能な「利用区分2」の登録者を対象としている(区分1から2への変更は可)。山下みどり台小と三保小の放課後キッズクラブを運営する「学研ココファン・ナーサリー」の担当者によると、登録者(区分2)は2つのクラブで30人弱だが、臨時休校以降利用者は半分程度だという。担当者は「自宅で見ている方も多いようだ。今後も市や学校の方針に柔軟に対応する」とした。また、山下みどり台小放課後キッズクラブの池田主任は「早く新型コロナウイルスが終息して、みんなの元気な顔を見たい」と弊紙の取材に対してコメントした。

 なお、横浜市は13日までとしていた休校措置を9日、24日(火)までの延長を発表。校内放送の活用や登下校時間の調整などの感染リスク対策を行ったうえで、25日(水)に終了式を実施するとした。

飲食店で悲痛な声

 一方で、不要不急の外出を控える傾向の中、各種のイベントなどが軒並み中止となっている。区内の飲食店からは悲痛な声が上がっている。とある店舗では客足が遠のき宴会予約のキャンセルが続いているという。同店の店主は「これからの時期は卒業入学シーズンなどの宴会で書き入れ時だが、この状況が続けば経営は厳しい」と嘆いた。

 区内施設の主な運営状況は以下の通り(※8日現在)。「各地域ケアプラザ」(15日(日)まで休館)、「各地区センター」(同)、「緑スポーツセンター」(同)、「緑公会堂」(同)、「緑区民文化センター」(同)、「緑区市民活動支援センター」(同)、「老人福祉センター横浜市緑ほのぼの荘」(31日(火)まで休館)、「緑図書館」(当面の間休館)。

休館(14日(土)まで)の知らせを掲示する緑区地域子育て支援拠点いっぽ
休館(14日(土)まで)の知らせを掲示する緑区地域子育て支援拠点いっぽ

緑区版のトップニュース最新6

開所に向け整備進む

山下地域ケアプラザ

開所に向け整備進む 社会

福祉保健活動の新拠点

1月21日号

コロナに負けず美術展

白山高校

コロナに負けず美術展 文化

ユーチューブで配信中

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク