港北区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO 福崎 康平さん 横浜市在住 30歳

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena

毎日の料理を楽しく

 ○…料理レシピ投稿・検索サービスを展開する「クックパッド」の若きリーダー。自らも学生時代から住む横浜は「新旧市街のコントラストがある街。1本道を入っただけで景色や雰囲気ががらりと変わるのもすごくいい」とその魅力を語る。

 ○…4人兄妹の末っ子。美食の宝庫である福岡に生まれ、父方の実家は農家、母方は横須賀で漁師。食に恵まれた環境で育った。小4で初めて作った料理は、大好きなファミレスのメニューを真似たクリームパスタ。「子どもの時から食いしん坊。大盛じゃ足りず、お腹一杯食べてみたかったのがきっかけ」と笑う。小遣いを貯めて高級エスプレッソマシンを買い、オリジナルラテを作ったり。そんな食に対する飽くなき探求心は、今ある自分につながる。

 ○…慶応大学在学中、空き店舗で自らシェフを務める「こっぺ食堂」を開店。世界35カ国で趣味の料理を振る舞った。東日本大震災発生後わずか1週間で被災者と家を無償貸与できる人をつなぐサービスを提供し、注目を集めたことも。卒業後は習い事の先生と生徒のマッチングサイトを運営。3年前にクックパッドに入社してからは新規事業の生鮮食品ECで、生産者と消費者をつなぐ仕組み作りに注力する。

 ○…家では毎日の晩ご飯作りや保育園の送り迎えなど、1歳半の息子の子育てに奮闘中。一方週末は、市場や商店街、飲食店で街歩きを楽しみながら「食のパトロール」を欠かさない。取材中もお気に入りの店の名前や食材が次々と飛び出し、公私共に「毎日の料理を楽しみにする」がミッションだ。「横浜は意外と農家も多く、地元に美味しいものが沢山ある。生産者や飲食店などの”つくり手”や街と共に食を通じた地域コミュニティを作っていけたら」

港北区版の人物風土記最新6

葛谷 舞子さん

障がい児親子の写真展を企画し、FMヨコハマに出演予定のカメラマン

葛谷 舞子さん

日吉在住 44歳

6月10日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

横浜市在住 30歳

6月3日号

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月27日号

永井 温子さん

15日に開催された「第1回 妙蓮寺 本の市」の発案者である

永井 温子さん

瀬谷区在住 29歳

5月20日号

田村 淳一さん

港北警察署の署長に着任した

田村 淳一さん

港北区在住 58歳

5月13日号

高安 宏昌さん

港北図書館の館長に就任した

高安 宏昌さん

港北区在勤 58歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter