旭区版 掲載号:2021年9月9日号 エリアトップへ

高齢ドライバー向け 運転免許センター 講習専用コースを新設

社会

掲載号:2021年9月9日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県警察運転免許センター=中尾=に高齢ドライバー向けの運転講習専用コース=写真=が新設され、9月3日から運用が始まった。

 来場者用駐車場の一部を改修したもので、広さは約6300平方メートル。コース内には方向転換やS字カーブ、見通しの悪い交差点などさまざまな要素があり、高齢者が苦手とする運転技術を確認することができる。

 県警本部によると、これまで同センターでの高齢者運転講習は、免許の取得を目指す試験車も走行する公認コース内で行っていたため、「ドライバーが互いに気を遣う面もあった」という。専用コースでは「講習車のみなので、集中してもらえるのでは」と話す。

受講待機日数短縮へ

 県内の70歳以上の高齢ドライバーは2020年末で約67万人。3年に1度免許を更新するため、毎年20万人ほどが受講の対象となる。現在は県内の自動車学校40カ所と同センターで受講ができるが、コロナ禍で定員を減らしていることもあり、受講には申し込みから平均で115日かかり、待機日数が長いことが課題になっていた。専用コースができたことで、1日10人だった受け入れ人数を70人に増やすことが可能となり、待機日数が減ることが期待される。

 県警本部運転教育課の萩野広和警部補は「高齢ドライバーは多くの経験とともに慣れや癖もある。自分の目や体力の衰えを講習を通じて確認し、基本に返って安全運転について考える機会にしてほしい」と話す。

 同センターでは75歳以上のドライバーが講習前に受ける「認知機能検査」のオンライン予約を7月から開始しており、常時予約できることから活用を呼び掛けている。

旭区版のローカルニュース最新6

シンボル遊具、一時解体

上の原幼稚園

シンボル遊具、一時解体 教育

園舎リニューアルに伴い

1月20日号

新たに区内1者認証

新たに区内1者認証 社会

Y―SDGs第5回

1月20日号

旭区の町並み、記録に

鶴舞クラブ

旭区の町並み、記録に 文化

図書館などで掲示中

1月20日号

ポーズカフェに感謝状

左近山地区社協など

ポーズカフェに感謝状 社会

ケーキ切り落とし寄贈で

1月20日号

4施設合同でどんど焼き

清正会・清正学園

4施設合同でどんど焼き 文化

近隣小学生も招き交流

1月20日号

初開催の大池寄席

初開催の大池寄席 文化

立ち見客も多く賑わう

1月20日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook