戸塚区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

戸塚区演奏家協会代表を務め、演奏会等を通して音楽の魅力を伝え続ける 吉府 充希子さん 上倉田町在住 49歳

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

歌うことは表現すること

 ○…今年で発足24年目を迎える戸塚区演奏家協会の会員は約60人。「オーディションを通過し、戸塚を元気にしようと集まった人たち。みな実力派揃い」と会の紹介をする。来年の2月にはシンプルに音楽を楽しんでもらうための演奏会「戸塚音(とつかのん)」、また同年9月には地元を題材にした「ホット&ハートフル オペラ〜まさかりが淵〜」を予定。「地元を題材にしたオペラなので特に気合いが入っている」

 ○…岡山県の倉敷で生まれ育つ。母親の影響からか小さいころからクラシックが好きで、ピアノを習っていた。高校生の時に「音大に進学したい」と母やピアノの講師に思いを打ち明けたところ、「歌で目指してみたら」とアドバイスを受けたが、「人前に出る事が嫌いで、ましてや人前で歌うなんて…」との葛藤もあった。努力を重ね京都市芸術大学を卒業。同大学院を修了し、フランス音楽コンクール声楽部門入選「フランス総領賞」を受賞。大阪国際音楽コンクール声楽部門一般の部第3位入賞など輝かしい受賞実績を誇る。結婚をして、「夫の転勤を機に15年前に戸塚に住み始めた」と当時を振り返る。

 ○…趣味は料理。食べることも作ることも好き。「今までおいしいと言われた料理は、ほうれん草とハムのキッシュ、お好み焼き、肉じゃが。週末になると夫と高校生と中学生の娘と、みんなで食事をする」と笑みがこぼれる。好きな言葉は「今ある場所で咲きなさい」と、高校生の時にシスターに言われた「女らしく、高校生らしくではなく、あなたらしく」。

 ○…「歌は大きな声を出すことだけではない。言葉や行間があり、表現すること。子育てなどで苦悩し、そこから見出したことも多かった」と当時の心境を吐露。「お客様が喜んでくれるのが何よりも励み。多くの方々にコンサートを見に来て戸塚でもこんな音楽を聞けるんだと思っていただけたら」

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

菊池 賢児さん

5月に戸塚区連合町内会自治会連絡会の会長に就任した

菊池 賢児さん

汲沢在住 73歳

5月26日号

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook