戸塚区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

真打に昇進し、横浜にぎわい座で披露落語会を開催した 立川 左平次さん (本名 鎌田圭介さん)上倉田町出身 43歳

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena

「勝負はこれから」

 ○…昨年10月、真打に昇進し、名を「談奈」から「左平次」に改名した。そして3月19日、昇進披露落語会を横浜にぎわい座で開催。「この芸能ホールで披露目をやることがひとつの夢だった」と感慨深げだ。振り返れば14年前、にぎわい座ができたおかげで、東京に行かなければ聴けなかった落語が、横浜で定期的に聴けるようになった。そして現在、憧れの舞台を、満員にすることができた。「もちろんこれで終わりじゃない。今後もこの場所でやっていきたい」と力を込める。

 ○…昨年12月に浅草で、2月には四谷でも昇進披露の落語会を開催。プロデュースや集客は、すべて自身で行った。これは定席のない立川流独特の考え方だ。「師匠連の真似をしながら試行錯誤してきた。3会場900人の集客はひとつの自信になった」と振り返る。7月31日には浅草公会堂で昇進披露の締めくくりとなる落語会を開催する。座席数は1100。一人でも多くの人来てもらい、楽しんでもらおうと奔走する。

 ○…寄席の来場者は様々だ。落語通もいれば、初心者もいる。毎回雰囲気の異なる会場を、それでも楽しませようと落語家は日々頭をひねり、稽古を積む。だからこそ「落語はできれば生で聞いて欲しい」という。自身が落語に魅了されたきっかけも、やはり「生」の体験だった。18歳の頃、旧女性フォーラム(現男女共同参画センター横浜)で見たのが、立川談志さんをはじめとする立川流の面々。天井を突くような笑いは、若者を落語家の道に導くに十分すぎる衝撃だった。

 ○…「幸せすぎて死にたくなる」。オーバーすぎるような表現も、叶えてきたことを振り返れば合点がいく。師匠・左談次さんへの弟子入り、真打昇進、にぎわい座での落語披露…。どれも、幾度となく思い描いてきた夢ばかりだ。しかし決して満足することはない。「稽古の時間をつくり、噺を増やし、もっと実力をつけたい。勝負はこれから」

戸塚区版の人物風土記最新6

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

内海 宏さん

オンライン初開催となる戸塚区地域づくり大学校で講師を務める

内海 宏さん

俣野町在住 73歳

10月15日号

松信 健太郎さん

品濃町に営業本部ビルを置く老舗書店(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月8日号

尾崎 広幸さん

開業40周年を迎えた東戸塚駅の駅長を務める

尾崎 広幸さん

平塚市在住 56歳

10月1日号

赤嶺 正治さん

大型海洋観測船「みらい」の初代船長として戸塚柏桜荘で講演する

赤嶺 正治さん

藤沢市在住 73歳

9月24日号

新出(しんで) 直美さん

戸塚区老人クラブ連合会の会長を務める

新出(しんで) 直美さん

俣野町在住 83歳

9月10日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

1DAY講座&無料体験。秋から新しいこと始めよう

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク