戸塚区版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

横浜市出身のお笑いタレント 出川 哲朗さん  55歳

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena

「ガチ」で横浜が大好き

 ○…『世界の果てまでイッテQ』や『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』などテレビ番組やCMに多数出演し、お茶の間をにぎわすお笑いタレント。代名詞「出川イングリッシュ」について「俺は横浜の街で育ったから、昔から元町などには普通に外国人が歩いていたからね。英語がペラペラなんですよ」と胸を張る。

 ○…神奈川区出身。実家は横浜市中央卸売市場の近くで70年続く老舗・海苔問屋を営む「蔦金商店」。現在は5つ離れた兄が店主を務める。小学校では『太陽にほえろ!』やブルースリーごっこで大はしゃぎ。「犯人役と警察役で撃ち合うなか、お腹に隠しておいたケチャップの袋をやぶって真っ赤にしたのはウケましたね」と大声で笑う。

 ○…「将来の夢のことを卒業文集には、カーレーサーって書いたけど、映画が好きですぐ役者を目指すようになった」。そして横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)の演劇科を卒業。「ウッチャンナンチャン」と一緒に劇団で活動していたときにテレビ関係者の目に留まり、出演機会を得てから芸能界へ。今では子どもから大人まで幅広い世代の人気を獲得し、冠番組も持つほどに。「やっぱりイッテQにださせてもらってから変わりましたね。とても感謝しています」

 ○…「どこに立っても絵になる街、それが横浜」と決め顔。山下公園や中華街は幾度となくデートで足を運んだ思い出の地。「異国情緒ある雰囲気で街に色がある。ガチで横浜は大好き」。2年目を迎えるバイクの旅は「天気が関係ないから実は大変。1時間走ってもテレビで使われるのは15秒の時もある」と本音も。「でも沿道で子どもたちの『がんばれ〜』の声でパワーを貰っているんだ。いつかは横浜でやりたいな」

11月に2号店オープン!

「体の違和感、改善された“あと”何がしたいか」――。ともに追求します。

https://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

落合 嘉弘さん

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める

落合 嘉弘さん

茅ヶ崎市在住 72歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月26日号

北原 卓也さん

新型コロナの影響で小学校への納品ができなくなった野菜5トンの販売に協力した

北原 卓也さん

汲沢在勤 43歳

3月19日号

井筒 雄太さん

ご当地アイドル「YOKOHAMA男子」のメンバーとして戸塚駅で路上ライブなどを行う

井筒 雄太さん

市内在住 28歳

3月12日号

石井 正樹さん

10周年を迎えたトツカーナの管理組合理事長を務める

石井 正樹さん

戸塚町在住 55歳

3月5日号

首藤 浩子さん

小学生対象の英語教育ボランティア団体の代表としてパンケーキレースを主催する

首藤 浩子さん

品濃町在住 59歳

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク