戸塚区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

区内の土を使い、作品作りや陶芸教室を行う 山口 幸文さん 戸塚町在住 69歳

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena

思い出の土を作品に

 ○…40年以上にわたり、戸塚駅前で陶芸家として活動し、教室も行う。形成した陶器に色を付けるための釉薬作りにおいて、戸塚駅再開発工事で出てきた不要になった土を取り入れた。通常は陶芸に不向きな土を「戸塚は生まれ育った場所。思い出にね」とあえて使用する。

 ○…材木屋の次男として生まれ、幼い頃から木や金具を使ったモノづくりを行っていた。陶芸と出会ったのは、高校卒業後の浪人生のころ。デパートで行われていた展覧会がふと目に留まり、その後の人生が決まった。「木とは違いぐにゃぐにゃの粘土から物を作ることに魅力を感じました」と振り返り、芸術大学で陶芸を専攻。卒業後、戸塚に戻り実家の倉庫があった現在の地で開窯。生活に溶け込む作品を作り続けてきた。「釉薬を作る際に調合する割合を少し変えるだけで全く別の色になるのが陶芸の魅力の一つです」

 ○…子どもの頃は絵を描くことが好きで、鯉など魚の絵をよくかいていたという。「日常にあるものをなんとなく書いていました」と飾らず、常に自然体。生徒に指導する際にも、あまり口出しなどはせず、それぞれのペースを大事にしているとか。そのかいあって、約30人の生徒の中には40年前の教室開設当初から続けている人もいる。「気楽に楽しんでほしい。居心地の良い場所でありたいですね」

 ○…区内の小学校で陶芸を教えることもあり、「母校を思い出してほしい」という思いから、グラウンドの土を使った卒業記念品づくりも手伝っている。また、自身の今後の活動については、「自分のペースで見た人の心がなごむような作品を作っていきたい」と静かに語る。優し気なその表情が温かみのある作品にもにじみ出ている。

啓進塾 新入塾生を募集

本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

加藤 優さん

「美しすぎる女子野球選手」として話題となり2月から区内の企業チームに入部した

加藤 優さん

GOOD・JOB女子硬式野球部 25歳

2月25日号

原田 怜歩(らむ)さん

【Web限定記事】SDGsを学べるトイレットペーパーを作成する

原田 怜歩(らむ)さん

公文国際学園高等部 2年

2月18日号

中西 希さん

フィンスイミングの日本選手権大会で好成績を残した

中西 希さん

横浜薬科大学4年 22歳

2月4日号

南 幸雄さん

自宅を改装し天体写真の撮影を続ける

南 幸雄さん

柏尾町在住 74歳

1月28日号

金塚 多佳子さん

スペイン・サンティアゴ巡礼の旅をサポートするNPO法人の代表理事を務める

金塚 多佳子さん

矢部町在住 69歳

1月21日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ベビーマッサージ講座

【Web限定記事】赤ちゃんとの絆づくりに

ベビーマッサージ講座

3月12日舞岡柏尾地域ケアプラザ(横浜市戸塚区)

3月12日~3月12日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク