戸塚区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

創設40周年を迎えた深谷町の深園サッカークラブの理事長を務める 廣瀬 雄之さん 藤沢市在住 43歳

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

ライバル鏡に人生を歩む

 ○…プロサッカー選手として活躍を続ける、中村俊輔氏を輩出したことで知られる深園(みその)サッカークラブ。幼稚園から小学6年生まで120人が所属、昨冬には初の関東大会出場を果たした。今年節目を迎えたチームを監督としてもけん引する。「振り返ると私はチームと共に生きてきた。感慨深い」と頬を緩める。

 ○…クラブは初代代表の若林可夫(よしお)氏が、いまは無い「深園幼稚園」の課外活動として開設した。自身は同園児のときに入会。チームには同じクラスの俊輔氏がいた。当時から図抜けた運動能力を持ちながらも、誰より練習に励んでいたという。「『俊輔に勝ちたい!』といつも思っていた」。2人は小学校時代、要となるミッドフィルダーを担当。切磋琢磨していく。深谷中では別のクラブチームに所属するが、良い刺激を与え合う関係は続いていく。

 ○…高校は名門・帝京第三に進学。全身全霊をかけたのが、全国高校サッカー大会への出場だ。3年生のとき、県大会の決勝戦にまで進むチャンスをつかむも、PK戦で自身が外し、逸してしまう。「一週間涙が止まらず、何も食べられなかった」。大学進学後もサッカーを続けたが、情熱は再燃しなかった。苦境を救ったのが若林氏だった。「『クラブを手伝え。お前は選手よりも指導者向きだよ』と。意を決して本格的に携わり始めた」と懐かしむ。

 ○…30歳前に結婚、一男一女を授かる。「でも仕事ばかりで家族サービスはゼロ」と頭をかく。4年前にNPO化し、同時にオーナーとして全責任者となった。目標の1つは後継者育成。今春、大学を卒業する教え子が入社してくる。そして--胸にあるのは俊輔氏への思い。「彼が私の人生を引き締める。大切な存在」と目を細めた。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook