金沢区・磯子区版 掲載号:2011年5月5日号
  • googleplus
  • LINE

地産地消の思いをのせて 漁協が経営する食堂、あす6日オープン

文化

斉田さんおすすめのアナゴ丼
斉田さんおすすめのアナゴ丼

 横浜市漁業協同組合・柴支所は、地元で水揚げされた新鮮な魚介類をおいしく食べてもらおうと「小柴のどんぶりや」をあす5月6日(金)、柴漁港でオープンする。4月21日から3日間行われたプレオープンは多くの人で賑わった。

 「小柴のどんぶりや」が提供するのは、小柴の名産アナゴを使った天丼を始め、地元でとれる素材を生かした丼ぶりだ。調理をするのは漁師の奥さんら。プロとは一味違う、漁師の味で勝負をする。食堂を担当する同漁協組合員の斉田芳之さん(55)は、「食堂をやることで、地産地消を推進し、開かれた港を目指して行きたい」と話す。

 食堂を始めるきっかけは、柴漁港で毎週日曜に開催している鮮魚直売所を訪れた客の声だった。「漁港でとれたものをその場で食べたい」というかねてからの要望に、漁協をあげて取り組んだ。「丼ぶり屋を実現するまでの道のりは容易ではなかった」と話す斉田さん。漁師は海に関してはプロだが、食堂経営はまったくの素人。静岡の由比港や千葉の漁協が直営する料理屋を視察し、試食を重ねながら客に喜ばれる味を研究した。

 「アナゴは、脂が最ものるこれからの季節が旬。小柴でとれるアナゴはふんわりとやわらかくておいしい。特に子どもたちに食べてもらいたい」。同漁協は、小柴の魚を食べることで海を知り、そこから、自然の大切さを学んで欲しいという。丼ぶりを食べた足立義昭さん(65)は、「おいしい地元の食材を食べられることは嬉しい。今後も通いたい」と笑顔で語った。

 「小柴のどんぶりや」は、毎週金・土・日と祝日の午前11時から営業する。数に限りがあるため、売切れ次第終了する。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク