金沢区・磯子区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

著書「駅伝ランナー」で作家デビューした 佐藤 いつ子さん 磯子区在住 49歳

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena

「好き」に一途、自身に重ね

 ○…磯子区や金沢区で行われる駅伝大会を舞台に、疾走するランナーやその心模様を清々しく描いた。たった20枚の原稿から始まった物語は、3部作を結ぶ長編に。書き終えた時には「長距離を走った後のように胸がぜーぜーする気持ちだった」と笑う。生まれたての文庫本を手にすると涙があふれた。「人生そのもの。全てを注ぎ込んだ」と表紙を優しくなでる。

 ○…「書くことが好きだった」。クラスメイトを登場させた探偵物語が教師の目に留まり、帰りの会で朗読したのは小3の時。だが、青山学大を卒業し、営業職に17年を注ぐ間、その芽は影を潜めていた。「書きたいな」。出産後、読み聞かせをするたびによぎる思い。「好きなことを仕事にする憧れがどんどん膨らんだ」。娘が小学校へ入学すると退職。児童文学を習い始めた。

 ○…芽が出ないまま11年が経った。初めこそもらった賞もぱったり止み「落ちて落ちて落ちた」と笑う。息子が出場する区民駅伝を初めて観た時のこと。「走ってもないのにラッキーじゃん」。誰かの一言に、メダルをかけた補欠選手が目線を落とす瞬間を見た。「きっと複雑だったはず」。その一場面から紡いだ20枚の原稿が同人誌に載ると、「続きが気になる」と編集者から連絡が入った。「天にも昇る気分」。娘の協力で、陸上部の友人を取材するなど加筆をスタートさせた。

 ○…主人公は、秀でた才能はないが走ることが好きな少年・走哉。「とことん好きなことに一生懸命になる姿を描きたかった」。誰にもいつか訪れるその瞬間。「書くことに出合うまで、私にもなかった」。悩んだ11年間も「一度もやめようと思わなかった」と、夢中で走る走哉の姿に重ね合わせる。「佐藤いつ子のファンになった」と娘は喜び、息子は初版を配り歩いた。嬉しいのは、読む人それぞれに響く場面があること。「過去やわが子を思い大人も共感してくれた。ジャンルに囚われず作品を書いていきたい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

山口 武夫さん

金沢区美術協会の会長を務める

山口 武夫さん

金沢区富岡西在住 83歳

5月26日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月19日号

橋本 昌幸さん

4月から横浜市三殿台考古館の館長を務める

橋本 昌幸さん

磯子区岡村在勤 61歳

5月12日号

カテリーナさん

【Web限定記事】横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 

5月5日号

相馬 淳子さん

ラオスの織物や文化を伝える「PaTu」(パトゥ)の代表を務める

相馬 淳子さん

金沢区柴町在住 53歳

4月28日号

川井 康裕さん

久良岐能舞台の館長を務め、さまざまな企画を展開する

川井 康裕さん

磯子区岡村在勤 68歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

広場で食と音のフェス

広場で食と音のフェス

5月29日 洋光台北団地

5月29日~5月29日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook