中区・西区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

中区山手町のブラフ18番舘で9月19日から23日まで個展を開く 河田 勲さん 戸塚区在住 78歳

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena

紙と鉛筆で世界広げる

 ○…政治家から俳優にミュージシャン、大学の教授など著名人が登壇する機会に足を運び、その場で肖像画を描いてきた。そしてサインをもらい、記念撮影も。「ダメもとだから。自分でも図々しいと思っています」と苦笑い。これまでに描いた人数は約600人におよぶ。40代半ばから絵画教室に通い開いた個展は43回。9月19日からは山手西洋館の一つ、ブラフ18番館で44回目を開く。

 ○…きっかけはキューバの革命家、フィデル・カストロ。2010年に船旅の寄港地としてキューバを訪れ、運よく講演を聴く機会を得た。そこで描いた肖像画がマスコミに取り上げられ話題に。周囲の反応も良かったことから著名人を描くようになった。画はすべて鉛筆を使いその場で描きあげる。時間にして10分から30分程度という。

 ○…富山県に生まれ、父の仕事の関係で転勤族に。中学生のころ、都内の高校受験を勧められ京都から上京。進学校の都立西高校で学んだ。「東大に」という親の思いもあったが、「色々工夫するのが好きで」と教職員をめざし横浜国立大へ。34年間にわたり都立高校で英語の教師を務めた。60歳で退職し趣味の世界へ。海外にも足を延ばし、アムステルダム美術館ではレンブラントの自画像をその場で模写するなど自身のスタイルを楽しむ。ピアノも好きで、教職員時代は放課後に音楽室で練習に熱をあげたという。

 ○…結婚を機に鎌倉から戸塚へ転居。いまは一人暮らし。「やっぱり孫と会うのが楽しみですね。来てもらえるように片づけをしなきゃね」と目を細めた。年末には有楽町での個展開催が決定。「東京デビューです」とはにかむ。肖像画の目標は1000人。年に50人ほど描くことから「あと8年くらいは生きられるかな」と笑った。

中区・西区版の人物風土記最新6

青木 羊耳さん(本名:青木良郎さん)

人生100年時代を見据えた「働き方改革」に関する著書を発行した。

青木 羊耳さん(本名:青木良郎さん)

中区不老町在住 88歳

2月20日号

サイ ヒロコさん

みなとみらい駅コンコースに展示されるSDGsアート作品を手がけた

サイ ヒロコさん

東京都在住

2月13日号

竹川 真理子さん

在日外国人の学習支援などを行う「信愛塾」のセンター長を務める

竹川 真理子さん

南区在勤 

2月6日号

志駕 晃(しがあきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕 晃(しがあきら)さん

横浜市在住 57歳

1月30日号

福島 成人さん

今年で10回目を迎えるヨコハマ・フットボール映画祭の実行委員長を務める

福島 成人さん

東京都在住 47歳

1月23日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月16日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銀幕で歌丸師匠に再会

銀幕で歌丸師匠に再会

シネマリンで出演作上映

2月15日~2月21日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク