中区・西区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

山手でウェブ交流会 人を本に見立て相互理解 プロ手品師、思い語る

社会

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
手品を披露するシリュウさん
手品を披露するシリュウさん

 障害などのある社会的マイノリティーの人を「本」に見立て、読み手との対話から相互理解を深めるイベント「ヒューマンライブラリー」(HL)が2月6日、山手オープンタウン(楠孝司代表)の主催で開催された。新型コロナ感染拡大防止のため、オンラインで実施。本役は片腕の手品師・シリュウさんが務め、手品や自身のストーリーを語った。

 同イベントは、障害のある人とない人とが交流し、より生活しやすいまちを目指す任意団体「山手オープンタウン」が主催し、麦田地域ケアプラザの共催で実施。昨年2月末に同様のイベントを中区大和町で企画していたが、新型コロナ感染拡大防止のため、延期となっていた。

54人が参加

 コロナが収束しないなか、ウェブ会議ツールZoomを使用することで1年越しの開催にこぎつけた。参加者は、中区内の自治会町内会の役員をはじめ地域住民や介護事業者、行政関係者など総勢54人。一般的にHLは、司書役と本役(語り手)、読者に分かれ4人程度の少人数で行われるが、今回は最初に本役1人の発表を参加者が全員で聞く形式。終了後に質問時間を設けたほか、5人ごとの小グループに分かれ、15分間意見交換も行った。

 当日は、難病を患うアッピーと母親が司会を務めた。本役は、小学1年生の時に交通事故に遭い、左半身が不自由となり現在は、プロの手品師として活動する片腕の手品師・シリュウさんが担当した。

『弱みは強みだ』

 「片手で手品をするのは困難だと思われるが、片手でできる手品を開発し日本では、2人しかいないプロ手品師になれた」とシリュウさん。HLでは、本のタイトルを『弱みは強みだ』と付け発表した。冒頭はトランプを使ったマジックを披露。オンラインでも、参加者を巻き込みながら手品を成功させ、場を盛り上げた。また交通事故により左半身が不自由になり、片腕で生活するなかで感じた思いや、21歳のときに、おもちゃ屋さんのイベントで出会った師匠がきっかけで手品師になった経緯などを語った。

 質問タイムでは、事故後の学校での生活や日常生活などについても触れ、シリュウさんだけでなく、障害がある参加者の経験談も共有。HLに臨んだシリュウさんは「初めてのオンラインで慣れないこともあったが、このような活動で障がい者への理解が深まれば嬉しい」と感想を話した。また、退職後、地域活動に注力する主催団体の楠代表は「地域に住む人々が障がい者の声を生で聞く機会は障がい者に対する偏見を減らし、どんな人にも開かれた街づくりへと繋がるのでは」と期待を述べた。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

貴重な絵画 次世代へ

市民ギャラリー

貴重な絵画 次世代へ 文化

クラファンで修復費募る

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

マルシェで「地産地消」促進

中区

マルシェで「地産地消」促進 社会

SDGs推進の一助に

5月19日号

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook