中区・西区版 掲載号:2021年9月9日号 エリアトップへ

西区 第4地区の取組が表彰 高齢化課題解決の事例に

コミュニティ社会

掲載号:2021年9月9日号

  • LINE
  • hatena
地区会館で開かれた受賞報告会
地区会館で開かれた受賞報告会

 西区南部に位置する第4地区住民の取り組みが「アジア健康長寿イノベーション賞2021」の国内優秀事例に選ばれ、7月末に発表された。連合自治会と地区社協との緊密な連携による高齢者ケアが評価された。9月2日には同地区で受賞報告会が行われた。

 アジア健康長寿イノベーション賞は、日本政府が掲げるアジア健康構想の実現の一助として昨年から開催されているもの。高齢化による様々な課題の解決となる革新的な取り組みや製品など、アジア各国の事例を募集し表彰している。

 国内からは33件の応募あり、最優秀事例6件、優秀事例6件が選定。西区第4地区の取り組みは優秀事例の一つ。企業や各種法人などからの応募が多い中、地域住民団体の事例の受賞は初めて。

社協と自治会が連携

 人口約1万5千人の第4地区には15の町内会・自治会があり、それをまとめるのが連合自治会(菱倉圭吾会長)。そして、同じ地区を活動対象とする社会福祉協議会(社協/米岡美智枝会長)がある。今回評価されたのは、連合自治会と地区社協を中心とした住民主体の高齢者ケアだ。

 独居老人の訪問や子どもから高齢者までを対象とした「みんなの食堂」、各種まつりなどを互いに紹介する事業、身近な会場でのコンサート、また避難訓練なども自主的に行っている。

 自治会と地区社協など、組織間のつながりが希薄なケースが多い中で、第4地区では緊密な関係が実現している。その要因について地区社協の米岡会長は「地域の担い手は自治会。社協はコーディネート役」と説明する。一方で他の社協役員は「自治会と社協が役割を明確化せず『緩やかさ』があることで参加しやすい環境につながっている」と指摘した。

中区・西区版のトップニュース最新6

10月29日は「ドリアの日」

10月29日は「ドリアの日」 社会

ニューグランドが制定

10月21日号

電動キックボードをシェア

MM21地区

電動キックボードをシェア 社会

22年3月末まで実証実験

10月21日号

「きょうだい児」の絵本出版

岡野の榮島さん

「きょうだい児」の絵本出版 社会

病気の人、支える存在に光

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

吉田さんがマイスターに

元町ダニエル

吉田さんがマイスターに 文化

椅子張りの高い技術評価

10月7日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook