鶴見区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

寛政安善町内会 垣根越え 米軍と交流継続 “遠い隣人”から「友人」に

社会

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
町会住民が見守る中、神輿を担ぐ米軍関係者
町会住民が見守る中、神輿を担ぐ米軍関係者

 安善町にある米海軍の鶴見貯油施設で11月3日、寛政安善町内会(森合正二郎会長)の住民と米軍関係者による親善交流会があった。「近くて遠い隣人」だった米軍施設と交流して11年。防災訓練を見学するなど、「友人」として信頼関係を築くまでになった。

 鶴見貯油施設は、横田基地などへ航空機燃料を供給する貯蔵施設。同町内の2カ所にわかれ、約80人が勤務している。広さ約18ヘクタールで、20基の貯蔵タンクのほか、レクリエーションなどに使う芝生も整備されている。

立ち入れなかった場所

 鉄線の張られたフェンスの向こう側は、「同じ町内にあって、入れない場所」だった。過去には、住宅街から見えるタンクが落雷で火災になったことも、運河に油が流出したこともあった。それでも、報告は施設側からでなく、横浜市などからだった。

 「米軍施設がある怖さがあった」。森合会長は振り返る。

訓練見学までに前進

 きっかけは11年前、区選出の県議と市議の橋渡しで、町内会の盆踊りに施設責任者を招いたことだった。

 「ソフトボールで交流しないか」――直談判が通じ、半年ほどで交流会が実現した。試合で汗を流し、バーベキューも楽しんだ。施設見学もあり、不安をなくす一歩となった。

 米軍側の特別行事の関係で一度中止になったが、11年で10回。住民らが施設内の防災訓練に招待されるようにもなった。東日本大震災以降、施設が低層のため、「近隣の企業に逃げられないか」との相談も受けた。町会側は、防災面での交流の機会も探っている。

 「積み重ねた信頼は、事故もなく続けられたおかげ」。両者は口をそろえる。

10回記念し神輿も

 当日は、町会から親子連れなど約110人、米軍関係者は約100人集まった。芝生でのソフトボール大会、バスケットコートやバレーコートでも交流を図り、施設内に笑い声があふれた。今年は10回目を記念し、町会が神輿を持参。日本文化の体験もあった。

 ソフトボールに出場し、「楽しかった」と笑顔を見せた横須賀艦隊補給センターのジョセフ・ボッシー少佐。「地元の人たちとの交流は自分たちにとっても良いこと。今後も続けていければ」と話す。

 森合会長は「安心できる場所になった。色々な面で交流を深めたい」と、さらに信頼を築く考えを示した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

学生の絵で振り込め撃退

学生の絵で振り込め撃退 社会

警察、郵便局が啓発ハガキ

10月17日号

子ども向けに飼育冊子

区内動物愛護団体

子ども向けに飼育冊子 教育

“愛でる”知識学ぶ教材に

10月17日号

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

2年後の開催、白紙へ

鶴見川サマーフェス

2年後の開催、白紙へ 社会

実行委員会が解散

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク